がん医療の現在 20―第25回がんについての市民公開講演会記録

公開日: : 書籍

書籍の紹介です。2009年7月に発行された、国立がんセンター中央病院放射線治療部長 伊丹純先生が書かれた本です。

一般市民向けの書籍です。第25回がんについての市民公開講演会記録です。前半が放射線治療、後半が看護部長が書かれた緩和ケアの話です。

放射線治療についての説明はたった20ページしかありません。

しかしながら、作用原理、メリット、デメリット、適応、治療の流れ、最新の治療などなど、放射線治療の概略が豊富な図とともに簡潔で分かりやすい文章で、分かりやすく解説されています。

複雑な物事を平易な言葉で簡潔に説明する事は非常に難しく、物事の真髄を知ってないとできません。
私だったら、こんなに分かりやすく説明できないなあと反省しながら読ませていただきました。

短時間で読めますので専門の先生も読まれてみても良いかもしれませんね。

カテゴリー

アーカイブ

関連記事

骨疾患と痛み

整形外科医向けの比較的平易な書籍です。 6章が悪性腫瘍脊椎転移です。疼痛の臨床、痛みのメカニズム、

記事を読む

癌腫の放射線療法

古書の紹介です。昭和10年発行の教科書を手に入れました。 これから読むところですが、77年前の

記事を読む

Rad Fan 2012年3月号

今回の特集は、「放射線治療の実践ガイド」となっています。 Vero,CyberKnife,True

記事を読む

詳説強度変調放射線治療―物理・技術的ガイドラインの詳細

物理士・品質管理士向けの書籍です。IMRTのQA/QCに興味のある医師・技師向けでもあり、お勧めの書

記事を読む

待ち時間革命

病院の外来待ち時間の問題をいかに解決するかの本です。 ただ単純に待ち時間をゼロにすると、不人気病院

記事を読む

難治がんと闘う

一般向けの書籍で、大阪府立成人病センター各分野の専門医師ががんの種別ごとに治療について語ってらっしゃ

記事を読む

治療線量の第3者評価はとても大事なお話です。

臨床放射線2012年6月号の紹介です。 今回の特集は、「放射線治療のさらなる質保証をめざして」とい

記事を読む

Graphpad Prism5による生物統計学入門

先日紹介したGraphPad Prism5の解説本です 解説はPrism5英語版を元に書かれています

記事を読む

日経サイエンス2012年5月

一般向けの雑誌ですが、早期前立腺癌の治療の是非について特集されています。 スクリーニング検査の是非

記事を読む

放射線心身症?

タイトルが気になって買ってみましたが、お勧めできない本でした。 放射線を怖がりすぎるなというので始ま

記事を読む

カテゴリー

アーカイブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー

アーカイブ

画像診断を考える 第2版

一流の放射線診断医が何を考え、どうやって学んでいるかが書かれている書籍

癌治療と漢方薬のテレビ番組(12月8日)

明日、12月8日のお昼ですが、NHKで、がん治療における漢方についての

重粒子線治療が今日のテレビで特集

今日12月6日の23時から、群馬大学の重粒子線治療の特集がテレビで放送

no image
最新の放射線治療の教科書

JASTRO総会が始まりましたね。 本屋さんで見かけた新刊を紹介させ

がん放射線治療計画ハンドブックの予約開始

治療計画の教科書の翻訳本がJASTRO総会にあわせて出版されます。

→もっと見る

  • face 放射線治療に関わる専門家のかたへ。
    放射線治療医が最新の情報をお伝えします。
PAGE TOP ↑