がん医療の現在 20―第25回がんについての市民公開講演会記録

公開日: : 書籍

書籍の紹介です。2009年7月に発行された、国立がんセンター中央病院放射線治療部長 伊丹純先生が書かれた本です。

一般市民向けの書籍です。第25回がんについての市民公開講演会記録です。前半が放射線治療、後半が看護部長が書かれた緩和ケアの話です。

放射線治療についての説明はたった20ページしかありません。

しかしながら、作用原理、メリット、デメリット、適応、治療の流れ、最新の治療などなど、放射線治療の概略が豊富な図とともに簡潔で分かりやすい文章で、分かりやすく解説されています。

複雑な物事を平易な言葉で簡潔に説明する事は非常に難しく、物事の真髄を知ってないとできません。
私だったら、こんなに分かりやすく説明できないなあと反省しながら読ませていただきました。

短時間で読めますので専門の先生も読まれてみても良いかもしれませんね。

カテゴリー

アーカイブ

関連記事

インナービジョン 2012年2月号

RSNA2011の特集がされていました。 放射線治療関連を北海道大学の土屋先生が書かれています。

記事を読む

TNM悪性腫瘍の分類が修正されました。

UICCのTNM悪性腫瘍の分類の日本語訳第7版に誤りがあったため、第5刷で、多数の修正がされました。

記事を読む

知ってる知らないが生死を分ける 最新医療技術

一般向けの書籍です。 重粒子線治療が載っていたので買って見ました。 重粒子線治療については群馬大学が

記事を読む

癌腫の放射線療法

古書の紹介です。昭和10年発行の教科書を手に入れました。 これから読むところですが、77年前の

記事を読む

no image

クリニシアンVOL58 No.602

医師向けに作られている小雑誌です。 今回は、重粒子線治療について辻井先生が、トモセラピーについて芝本

記事を読む

Preziで始めるズーミングプレゼンテーション

オンラインプレゼンテーションソフトの紹介です。 作成はオンラインでFlashアプリケーションで行いま

記事を読む

臨床放射線 2011年10月号

放射線科医向けの雑誌の紹介です。今月の臨床放射線は、「機能画像の放射線治療への応用」でした。 201

記事を読む

だから放射線科医はおもしろい!

2011年2月発行のこれから画像診断医を目指す先生へおすすめの書籍です。画像診断の紹介本です。遠隔読

記事を読む

骨疾患と痛み

整形外科医向けの比較的平易な書籍です。 6章が悪性腫瘍脊椎転移です。疼痛の臨床、痛みのメカニズム、

記事を読む

ガー・レイノルズ シンプルプレゼン

おすすめのプレゼンテーションの心構えのDVD・書籍です。私の最も好きなプレゼンテンターのガーレイノル

記事を読む

カテゴリー

アーカイブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー

アーカイブ

画像診断を考える 第2版

一流の放射線診断医が何を考え、どうやって学んでいるかが書かれている書籍

癌治療と漢方薬のテレビ番組(12月8日)

明日、12月8日のお昼ですが、NHKで、がん治療における漢方についての

重粒子線治療が今日のテレビで特集

今日12月6日の23時から、群馬大学の重粒子線治療の特集がテレビで放送

no image
最新の放射線治療の教科書

JASTRO総会が始まりましたね。 本屋さんで見かけた新刊を紹介させ

がん放射線治療計画ハンドブックの予約開始

治療計画の教科書の翻訳本がJASTRO総会にあわせて出版されます。

→もっと見る

  • face 放射線治療に関わる専門家のかたへ。
    放射線治療医が最新の情報をお伝えします。
PAGE TOP ↑