がん治療の常識・非常識

公開日: : 書籍

書籍の紹介です。

抗癌剤、手術、放射線治療、免疫療法、検診、緩和ケアなどについて、最新の知見を紹介する本となっています。
2008年とすこし前の本ですが、ブルーバックスということで読んでみました。
内容は一般向けに分かりやすく書かれています。

ただ、内容にかなり偏りがあるように思いました。抗癌剤については近藤誠氏の話をもとに再構成されているのがほとんどです。この内容を読みたいのなら、近藤誠氏の本を読んだほうがいいかなと思います。

また、放射線治療の中でもIMRTの説明がどうなっているか気になっていたのですが、内容はほぼMLCの説明で残念でした。
専門の医師ですら、分かりやすく説明するのが難しい部分ですので仕方ないかもしれませんが。

ブルーバックスは昔はよく読んでいて好きだったのに、すこし残念でした。

カテゴリー

アーカイブ

関連記事

がん・放射線療法2010

書籍の紹介です。放射線治療医を目指すなら必ず買うべき教科書です。 約8年ぶりに改訂されました。 &n

記事を読む

IVRデバイスBOOK 2011

放射線治療ではなくIVRの雑誌です。 中身は、放射線科医向けのIVRカテーテルの紹介が主で、塞栓物

記事を読む

子宮頸癌治療ガイドライン 2011年版

2011年11月に出版されたガイドラインです。 放射線科の先生も戸板先生や、古平先生が、宇野先生など

記事を読む

no image

映像情報メディカル2011年11月号

放射線治療最前線2011ということ特集が組まれています。 この雑誌自体初めて知ったのですが、東京医

記事を読む

日経サイエンス2012年5月

一般向けの雑誌ですが、早期前立腺癌の治療の是非について特集されています。 スクリーニング検査の是非

記事を読む

詳説 体幹部定位放射線治療

肺の定位照射の教科書です。 Q&A方式で、治療についての技術的な事が分かりやすく丁寧に

記事を読む

放射線療法の有害反応―カラーアトラス目で見て学ぶ

教科書の紹介です。 放射線治療の副作用についての教科書です。頭頚部腫瘍に対する副作用の解説が主ですが

記事を読む

がん治療認定医 試験対策2

試験対策本についてです。 「がん治療認定医サマリー&予想問題 第3版」という参考書が出版され

記事を読む

放射線医療―CT診断から緩和ケアまで

書籍の紹介です。2009年に出版された一般向けの新書です。 1冊まるごと放射線科の紹介です。内容は

記事を読む

待ち時間革命

病院の外来待ち時間の問題をいかに解決するかの本です。 ただ単純に待ち時間をゼロにすると、不人気病院

記事を読む

カテゴリー

アーカイブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー

アーカイブ

画像診断を考える 第2版

一流の放射線診断医が何を考え、どうやって学んでいるかが書かれている書籍

癌治療と漢方薬のテレビ番組(12月8日)

明日、12月8日のお昼ですが、NHKで、がん治療における漢方についての

重粒子線治療が今日のテレビで特集

今日12月6日の23時から、群馬大学の重粒子線治療の特集がテレビで放送

no image
最新の放射線治療の教科書

JASTRO総会が始まりましたね。 本屋さんで見かけた新刊を紹介させ

がん放射線治療計画ハンドブックの予約開始

治療計画の教科書の翻訳本がJASTRO総会にあわせて出版されます。

→もっと見る

  • face 放射線治療に関わる専門家のかたへ。
    放射線治療医が最新の情報をお伝えします。
PAGE TOP ↑