がん治療の常識・非常識

公開日: : 書籍

書籍の紹介です。

抗癌剤、手術、放射線治療、免疫療法、検診、緩和ケアなどについて、最新の知見を紹介する本となっています。
2008年とすこし前の本ですが、ブルーバックスということで読んでみました。
内容は一般向けに分かりやすく書かれています。

ただ、内容にかなり偏りがあるように思いました。抗癌剤については近藤誠氏の話をもとに再構成されているのがほとんどです。この内容を読みたいのなら、近藤誠氏の本を読んだほうがいいかなと思います。

また、放射線治療の中でもIMRTの説明がどうなっているか気になっていたのですが、内容はほぼMLCの説明で残念でした。
専門の医師ですら、分かりやすく説明するのが難しい部分ですので仕方ないかもしれませんが。

ブルーバックスは昔はよく読んでいて好きだったのに、すこし残念でした。

カテゴリー

アーカイブ

関連記事

論理的にプレゼンする技術

理系研究者がわかりやすくプレゼンするための本です。見開きの左ページが文章で説明、右ページがイラストと

記事を読む

東大のがん治療医が癌になって

書籍の紹介です。 一般向けでもあり、医師向けでもあるかなと思います。 実際に若年で癌になった時の心情

記事を読む

腎癌診療ガイドライン 2011年版

2011年11月に出版された「腎癌診療ガイドライン」の紹介です。 腎癌は放射線抵抗性の腫瘍で、

記事を読む

日経サイエンス2012年5月

一般向けの雑誌ですが、早期前立腺癌の治療の是非について特集されています。 スクリーニング検査の是非

記事を読む

がん医療の現在 20―第25回がんについての市民公開講演会記録

書籍の紹介です。2009年7月に発行された、国立がんセンター中央病院放射線治療部長 伊丹純先生が書か

記事を読む

乳癌レビュー 2012の書評

2011年12月に出版された医師向けの書籍です。以前に出版された乳癌レビュー2009のアップデート版

記事を読む

臨床放射線 2011年8月号

本来は画像診断医向けの本ですが、今回は放射線治療特集となっています。 今回の特集は、「高精度治療およ

記事を読む

がん放射線治療と看護の実践

新刊の書籍の紹介です。 「がん放射線治療と看護の実践: 部位別でわかりやすい! 最新治療と有害事象

記事を読む

知っておきたい放射線治療学

書籍の紹介です。2011年5月に出版された、放射線科医向けの放射線科専門医試験対策本です。 放射線科

記事を読む

食道癌 診断・治療ガイドラインが改訂されました

2012年4月に発行された食道癌の最新のガイドラインです。 ひと通り読んでみましたが、最近の放射線

記事を読む

カテゴリー

アーカイブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー

アーカイブ

画像診断を考える 第2版

一流の放射線診断医が何を考え、どうやって学んでいるかが書かれている書籍

癌治療と漢方薬のテレビ番組(12月8日)

明日、12月8日のお昼ですが、NHKで、がん治療における漢方についての

重粒子線治療が今日のテレビで特集

今日12月6日の23時から、群馬大学の重粒子線治療の特集がテレビで放送

no image
最新の放射線治療の教科書

JASTRO総会が始まりましたね。 本屋さんで見かけた新刊を紹介させ

がん放射線治療計画ハンドブックの予約開始

治療計画の教科書の翻訳本がJASTRO総会にあわせて出版されます。

→もっと見る

  • face 放射線治療に関わる専門家のかたへ。
    放射線治療医が最新の情報をお伝えします。
PAGE TOP ↑