医療最前線の名医16名

公開日: : 書籍

一般向けの書籍の紹介です。
2011年5月31日発売の最新の治療の紹介を書かれた書籍です。
最先端の治療を行っている医師を16人取材して書かれています。

その中にトモセラピーが紹介されていました。
一般の記者の方が書かれたと思いますが、内容はあまりおすすめできるものではないと思いました。

特にトモセラピーの特徴として、「これまで強度変調技術をすべてIMRTと呼んでいましたが、従来のIMRTとトモセラピーは全く違うものと考えていいでしょう。」と書かれており、その後もトモセラピーがIMRTの上位に位置するものとして書かれています。2011年5月に出版された書籍としては、いくらなんでも言い過ぎかなと思いました。

また、前立腺の線量分布でトモセラピーと5門のIMRTが比較されていますが、違う患者(もしくは違うスライス面)で、記載されているメリットが大腿骨頭線量の減少でした。
図を見る限り、比較されているスライスでは直腸線量についてはIMRTの方が良さそうです。

その他にも気になる点がいくつかありました。
記事の校正に、医師が関わっていないんじゃないかなと思いました。

正確な情報という意味で、あまりおすすめできない本だと思いました。

カテゴリー

アーカイブ

関連記事

no image

「もしも、がんが再発したら」の書評

2012年3月に出版された、患者さん向けの書籍ですが、とても良い本です。 再発って、ものすごく衝撃

記事を読む

no image

がん治療レクチャー 新しい手術のモダリティ

私の好きな書籍のがん治療レクチャーの最新号です。 Q&A方式で様々な治療の最新トピックが学べ

記事を読む

詳説強度変調放射線治療―物理・技術的ガイドラインの詳細

物理士・品質管理士向けの書籍です。IMRTのQA/QCに興味のある医師・技師向けでもあり、お勧めの書

記事を読む

前立腺癌診療こんなときどうするQ&A

2010年4月に出版された前立腺癌に関わる医師向けの教科書です。 前立腺癌の診療にまつわる具体的な

記事を読む

医学のあゆみ 重粒子線治療 -最新治療エビデンス

書籍の紹介です。医師向けの薄い雑誌です。 重粒子線治療について簡潔にまとまっており、1~2時間程度で

記事を読む

キュリー夫人伝

キュリー夫人の伝記で500ページ超の厚い本です。昔、小学生の頃にも別訳で読んだように思いますが、完全

記事を読む

悪魔の放射線Ⅱ

一般向けの書籍です。 放射線治療を用いた最新のがん治療についても50ページほど割いて、解説してありま

記事を読む

医師のためのパフォーマンス学入門

診察のテクニックの本です。 内容は声の高さや早さや、目線の使い方など詳しく載っています。 ま

記事を読む

放射線治療の最前線

書籍の紹介です。2011年3月発行の久留米大学放射線科教授 早渕先生が執筆された本です。 対象とし

記事を読む

がん放射線治療と看護の実践

新刊の書籍の紹介です。 「がん放射線治療と看護の実践: 部位別でわかりやすい! 最新治療と有害事象

記事を読む

カテゴリー

アーカイブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー

アーカイブ

画像診断を考える 第2版

一流の放射線診断医が何を考え、どうやって学んでいるかが書かれている書籍

癌治療と漢方薬のテレビ番組(12月8日)

明日、12月8日のお昼ですが、NHKで、がん治療における漢方についての

重粒子線治療が今日のテレビで特集

今日12月6日の23時から、群馬大学の重粒子線治療の特集がテレビで放送

no image
最新の放射線治療の教科書

JASTRO総会が始まりましたね。 本屋さんで見かけた新刊を紹介させ

がん放射線治療計画ハンドブックの予約開始

治療計画の教科書の翻訳本がJASTRO総会にあわせて出版されます。

→もっと見る

  • face 放射線治療に関わる専門家のかたへ。
    放射線治療医が最新の情報をお伝えします。
PAGE TOP ↑