放射線医療―CT診断から緩和ケアまで

公開日: : 書籍

書籍の紹介です。2009年に出版された一般向けの新書です。

1冊まるごと放射線科の紹介です。内容は放射線治療6割、画像診断3割、IVR・核医学1割って感じです。
筆者はジャーナリストの方ですが、かなり正確によくまとまっていると思います。

内容が盛り沢山ですので読むのが大変かと思いますが、放射線科がどんな所なのか余す所なく紹介されています。
放射線科で画像診断の占める大きさの割に、書籍で紹介れている分量がが少ないですが、これは一情報が少ない為なのかなと思います。

一般の方向けの書籍や情報はほとんどないですし、患者が放射線科医と話すこともめったにありませんし仕方ないのかもしれませんね。

良書と思うので重版されるかもしれませんし、気づいた誤植を書いておきます。

p164の「1回あたり72Gyを38回」は、「全てで74Gyを38回に分けて」。
p117の「10Gy・4回」→ 「10Gy/4回」
p261の「画像診断医がサイバーナイフを駆使して治療を」→「放射線治療医が」

 

カテゴリー

アーカイブ

関連記事

子宮頸癌治療ガイドライン 2011年版

2011年11月に出版されたガイドラインです。 放射線科の先生も戸板先生や、古平先生が、宇野先生など

記事を読む

臨床放射線 2011年8月号

本来は画像診断医向けの本ですが、今回は放射線治療特集となっています。 今回の特集は、「高精度治療およ

記事を読む

腎癌診療ガイドライン 2011年版

2011年11月に出版された「腎癌診療ガイドライン」の紹介です。 腎癌は放射線抵抗性の腫瘍で、

記事を読む

「これからの乳癌診療2012ー2013」は勉強になる本でした。

2012年6月に発行された医師向けの書籍である「これからの乳癌診療2012ー2013」を読みました。

記事を読む

癌腫の放射線療法

古書の紹介です。昭和10年発行の教科書を手に入れました。 これから読むところですが、77年前の

記事を読む

心配しないでいいですよ放射線治療

一般向けの放射線治療の書籍です。2006年と少し昔の本です。 内容としては放射線治療について様々な

記事を読む

no image

「もっと知ってほしい 大切な人ががんになったとき」の小冊子

「がんの治療について正しい知識を持つ」のコーナーで放射線治療についても詳しく書かれていますが、内容が

記事を読む

Rad Fan 2011年11月号

「放射線治療の現在と未来」という特集が組まれています。 序文に「わたしならこれなどととらぬ狸の皮算用

記事を読む

前立腺癌診療ガイドラインが改定されました。

前立腺癌診療ガイドラインの2012年度版が出版されました。 内容としては、待機療法がPSA監視

記事を読む

がんは放射線治療で治す

一般向けの書籍ですが、医療関係者が読んでも面白い、お勧めの本です。 一番のターゲットは医療経済・病院

記事を読む

カテゴリー

アーカイブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー

アーカイブ

画像診断を考える 第2版

一流の放射線診断医が何を考え、どうやって学んでいるかが書かれている書籍

癌治療と漢方薬のテレビ番組(12月8日)

明日、12月8日のお昼ですが、NHKで、がん治療における漢方についての

重粒子線治療が今日のテレビで特集

今日12月6日の23時から、群馬大学の重粒子線治療の特集がテレビで放送

no image
最新の放射線治療の教科書

JASTRO総会が始まりましたね。 本屋さんで見かけた新刊を紹介させ

がん放射線治療計画ハンドブックの予約開始

治療計画の教科書の翻訳本がJASTRO総会にあわせて出版されます。

→もっと見る

  • face 放射線治療に関わる専門家のかたへ。
    放射線治療医が最新の情報をお伝えします。
PAGE TOP ↑