知っておきたい放射線治療学

公開日: : 書籍

書籍の紹介です。2011年5月に出版された、放射線科医向けの放射線科専門医試験対策本です。
放射線科になって3年目に取得する放射線科専門医試験の治療分野の過去問題解説本となっています。

内容としては結構丁寧に解説が書いてあると思います。

ただ、質問と正答が同じ場所に書いてあって、試験対策本として使いにくいのが難点です。

細かく読んでると、患者情報の消し忘れ(p54)、食道の照射野の唯一の紹介がIMRT、ファントムの例の唯一の例がDelta4、全脳照射のMLC形状と線量分布が違う治療計画(p57)、brachtherapyの表記がすべて「ブラキ」などなど、色々と気になる点が出てきます。
試験対策資料としては素晴らしい出来ですが、出版物としてはちょっと荒削りな点が多いように思いました。
読者としては、治療に詳しくない画像診断医がメインターゲットとなると思いますが、それにしては少し不親切かなと思いました。

いままでになかった本ですし、有用なのは間違いないと思います。試験前には持っておくと良いと思います。

私自身は放射線治療専門医試験のための本と間違って買ってしまいましたが、生物学などの総論についてはすごく勉強になりました。

カテゴリー

アーカイブ

関連記事

がん治療の常識・非常識

書籍の紹介です。抗癌剤、手術、放射線治療、免疫療法、検診、緩和ケアなどについて、最新の知見を紹介する

記事を読む

がん診療のサポーティブケアガイドの書評

2010年3月に出版された医師向けの書籍で、がん治療における合併症、副作用対策の書籍です。 放射線

記事を読む

乳癌レビュー 2012の書評

2011年12月に出版された医師向けの書籍です。以前に出版された乳癌レビュー2009のアップデート版

記事を読む

もしベク?

小ネタです。 amazonでたまたま見つけた面白そうな書籍です。「もしベクレルさんが放射能を発見して

記事を読む

ICRU Report 83

2010年に出版されたIMRTのための書類です。 「Prescribing, Recording,

記事を読む

早期食道癌そのコンセンサスと最前線の書評

2012年1月に出版された医師向けの教科書です。 放射線治療の分野については、西村恭昌先生が書

記事を読む

名医が語る最新・最良の治療 前立腺がん

2011年7月に発売された一般向けの書籍です。 前立腺がんの最新治療について、様々な分野の医師が分担

記事を読む

エビデンスで知るがんと死亡のリスク

この本は面白くて、臨床現場で役に立つ、非常にお勧めの本です。 患者さんからよく聞かれるがんになりやす

記事を読む

アナタはなぜチェックリストを使わないのか?

一般書の紹介です。 外科医の著者が、航空業界を参考にしながら、WHOでチェックリストを作成した話で

記事を読む

小児がん診療ガイドライン 2011年版

小児の悪性腫瘍についてのガイドラインが2011年の10月に出版されました。この本は職場に1冊は置いて

記事を読む

カテゴリー

アーカイブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー

アーカイブ

画像診断を考える 第2版

一流の放射線診断医が何を考え、どうやって学んでいるかが書かれている書籍

癌治療と漢方薬のテレビ番組(12月8日)

明日、12月8日のお昼ですが、NHKで、がん治療における漢方についての

重粒子線治療が今日のテレビで特集

今日12月6日の23時から、群馬大学の重粒子線治療の特集がテレビで放送

no image
最新の放射線治療の教科書

JASTRO総会が始まりましたね。 本屋さんで見かけた新刊を紹介させ

がん放射線治療計画ハンドブックの予約開始

治療計画の教科書の翻訳本がJASTRO総会にあわせて出版されます。

→もっと見る

  • face 放射線治療に関わる専門家のかたへ。
    放射線治療医が最新の情報をお伝えします。
PAGE TOP ↑