詳説強度変調放射線治療―物理・技術的ガイドラインの詳細

公開日: : 書籍

物理士・品質管理士向けの書籍です。IMRTのQA/QCに興味のある医師・技師向けでもあり、お勧めの書籍です。

内容は、150余りの質問にエキスパートが答えたQ&A形式となっています。

Tomotherapy、サイバーナイフ、物理補償フィルタIMRT、VMATなどについても結構なページを割いて書かれています。

結構難しい内容でしたが、丁寧に書かれているのでとても勉強になりました。

医師でも治療計画を作る方にとっては有用な情報(造影剤の影響・PTV中の空気の影響など)も多数あり、必要なページだけでも読むのが良いかなと思います。

当院の技師・物理士さんも何問か執筆されています。

 

カテゴリー

アーカイブ

関連記事

がん治療を受ける前に知っておきたい55のこと

一般向けの書籍で、国立がんセンター中央病院の病院長の土屋先生(外科医)が書かれた書籍です 病院選びか

記事を読む

悪魔の放射線Ⅱ

一般向けの書籍です。 放射線治療を用いた最新のがん治療についても50ページほど割いて、解説してありま

記事を読む

食道癌 診断・治療ガイドラインが改訂されました

2012年4月に発行された食道癌の最新のガイドラインです。 ひと通り読んでみましたが、最近の放射線

記事を読む

「放射線医学 放射線腫瘍学」の書評

2012年4月に発行された、放射線治療医向けの教科書です。 放射線治療を始めたばかりの先生にオス

記事を読む

こんな放射線科はもういらない

2009年2月に出版された本です。放射線科医が書かれた書籍ですが、読者として、放射線科医を対象にして

記事を読む

画像診断を考える 第2版

一流の放射線診断医が何を考え、どうやって学んでいるかが書かれている書籍です。 放射線腫瘍を専門とし

記事を読む

理系のための研究生活ガイド第2版

2010年に出版された書籍の紹介です。ベストセラー本の「理系のための人生設計ガイド」、「理系のための

記事を読む

CT Anatomy for Radiotherapy

放射線治療医向けの英語の教科書です。 放射線治療のための解剖が詳細に載っています。臓器や構造が詳し

記事を読む

東大のがん治療医が癌になって

書籍の紹介です。 一般向けでもあり、医師向けでもあるかなと思います。 実際に若年で癌になった時の心情

記事を読む

エビデンスで知るがんと死亡のリスク

この本は面白くて、臨床現場で役に立つ、非常にお勧めの本です。 患者さんからよく聞かれるがんになりやす

記事を読む

カテゴリー

アーカイブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー

アーカイブ

画像診断を考える 第2版

一流の放射線診断医が何を考え、どうやって学んでいるかが書かれている書籍

癌治療と漢方薬のテレビ番組(12月8日)

明日、12月8日のお昼ですが、NHKで、がん治療における漢方についての

重粒子線治療が今日のテレビで特集

今日12月6日の23時から、群馬大学の重粒子線治療の特集がテレビで放送

no image
最新の放射線治療の教科書

JASTRO総会が始まりましたね。 本屋さんで見かけた新刊を紹介させ

がん放射線治療計画ハンドブックの予約開始

治療計画の教科書の翻訳本がJASTRO総会にあわせて出版されます。

→もっと見る

  • face 放射線治療に関わる専門家のかたへ。
    放射線治療医が最新の情報をお伝えします。
PAGE TOP ↑