放射線腫瘍医になろう

公開日: : 書籍

書籍の紹介です。2007年に発行された研修医や学生向けの書籍です。放射線治療に関わる様々な方が文章を書かれています。
放射線治療医の魅力を様々な角度から書かれています。

ベテランの放射線治療医だけでなく、若手の放射線治療医や、医学物理士、企業の方まで書かれています。

他にはない書籍なのでおすすめですが、装丁を含め中身もやや古くなってきているなあと思います。

原発問題が落ち着いた頃に、改めて改訂版がでると良いなと思います。

 

カテゴリー

アーカイブ

関連記事

no image

「もっと知ってほしい 大切な人ががんになったとき」の小冊子

「がんの治療について正しい知識を持つ」のコーナーで放射線治療についても詳しく書かれていますが、内容が

記事を読む

前立腺癌診療ガイドラインが改定されました。

前立腺癌診療ガイドラインの2012年度版が出版されました。 内容としては、待機療法がPSA監視

記事を読む

臨床放射線 2011年10月号

放射線科医向けの雑誌の紹介です。今月の臨床放射線は、「機能画像の放射線治療への応用」でした。 201

記事を読む

がん対策マニュアル

2012年3月に放射線治療医の医師が出版された一般書で、かなり気に入りました。 書籍のタイトルから

記事を読む

no image

がん治療レクチャー 新しい手術のモダリティ

私の好きな書籍のがん治療レクチャーの最新号です。 Q&A方式で様々な治療の最新トピックが学べ

記事を読む

小児がん診療ガイドライン 2011年版

小児の悪性腫瘍についてのガイドラインが2011年の10月に出版されました。この本は職場に1冊は置いて

記事を読む

ラジオロジー No.18

日本ラジオロジー協会が患者様向けに作っている数ページの広報誌です。 今回は乳癌の放射線治療で、東

記事を読む

「がんサバイバー」は晩期副作用の勉強に良い本でした。

「がんサバイバー: 医学・心理・社会的アプローチでがん治療を結いなおす」という2012年6月に出版さ

記事を読む

がん診療のサポーティブケアガイドの書評

2010年3月に出版された医師向けの書籍で、がん治療における合併症、副作用対策の書籍です。 放射線

記事を読む

「がん漢方」で漢方薬のお勉強をしました。

2012年8月に出版された「がん漢方」を読みました。医師向けに書かれた癌治療と漢方薬についての書籍で

記事を読む

カテゴリー

アーカイブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー

アーカイブ

画像診断を考える 第2版

一流の放射線診断医が何を考え、どうやって学んでいるかが書かれている書籍

癌治療と漢方薬のテレビ番組(12月8日)

明日、12月8日のお昼ですが、NHKで、がん治療における漢方についての

重粒子線治療が今日のテレビで特集

今日12月6日の23時から、群馬大学の重粒子線治療の特集がテレビで放送

no image
最新の放射線治療の教科書

JASTRO総会が始まりましたね。 本屋さんで見かけた新刊を紹介させ

がん放射線治療計画ハンドブックの予約開始

治療計画の教科書の翻訳本がJASTRO総会にあわせて出版されます。

→もっと見る

  • face 放射線治療に関わる専門家のかたへ。
    放射線治療医が最新の情報をお伝えします。
PAGE TOP ↑