こんな放射線科はもういらない

公開日: : 書籍

2009年2月に出版された本です。放射線科医が書かれた書籍ですが、読者として、放射線科医を対象にしているのか、一般読者を対象にしているのか分かりにくく、また話も広範囲に及び過ぎていて、読みづらかったです。

多数の論点で批判されていますが、納得出来る点はそれほど多くありませんでした。

私自身が気になった点をいくつか要約して引用します。

放射線科診断医への批判で、「医者は不要。スクリーナーと、コンピューター診断だけで十分」
「サイバーナイフは素晴らしいが、IMRTは度を越した技術」
「放射線治療医の不足に対して、(放射線科医は)なんの解決策も示していない」
化学放射線療法の批判で、「新しいプロトコルによる治療成績は、真実がどうであれ従来法より成績がよいの常である。都合のよいように計画され、都合のよい事実だけを見るのだから」

筆者の職場環境が劣悪なのかなとは思いましたが、いずれも放射線科全体としては必ずしも当てはまらない批判が多いと思いました。

個人的にはあえて読む必要はなかったと思いました。

 

カテゴリー

アーカイブ

関連記事

早期食道癌そのコンセンサスと最前線の書評

2012年1月に出版された医師向けの教科書です。 放射線治療の分野については、西村恭昌先生が書

記事を読む

放射線治療ポケットマニュアル2011

放射線治療医なら持っておくと何かと役立つ書籍です。 77ページ、薄さ4mmで、15×9cm

記事を読む

「放射線医学イントロダクション」の書評

2012年2月に発行された放射線科の入門書です。医学生・若手医師向けということで、購入して放射線治療

記事を読む

キュリー夫人伝

キュリー夫人の伝記で500ページ超の厚い本です。昔、小学生の頃にも別訳で読んだように思いますが、完全

記事を読む

がん治療認定医 試験対策2

試験対策本についてです。 「がん治療認定医サマリー&予想問題 第3版」という参考書が出版され

記事を読む

医学図形データ1000+ PowerPointによる学会発表パーフェクトマニュアル

プレゼンテーションの為の書籍です。このCT画像は本からの引用です。 前半はプレゼンテーションのコツ

記事を読む

臨床放射線 2011年10月号

放射線科医向けの雑誌の紹介です。今月の臨床放射線は、「機能画像の放射線治療への応用」でした。 201

記事を読む

no image

代表的照射野とCT上のターゲット

放射線治療医向けの書籍の紹介です。 がん・放射線療法2010の別冊の「代表的照射野とCT上のターゲッ

記事を読む

乳癌レビュー 2012の書評

2011年12月に出版された医師向けの書籍です。以前に出版された乳癌レビュー2009のアップデート版

記事を読む

エビデンスで知るがんと死亡のリスク

この本は面白くて、臨床現場で役に立つ、非常にお勧めの本です。 患者さんからよく聞かれるがんになりやす

記事を読む

カテゴリー

アーカイブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー

アーカイブ

画像診断を考える 第2版

一流の放射線診断医が何を考え、どうやって学んでいるかが書かれている書籍

癌治療と漢方薬のテレビ番組(12月8日)

明日、12月8日のお昼ですが、NHKで、がん治療における漢方についての

重粒子線治療が今日のテレビで特集

今日12月6日の23時から、群馬大学の重粒子線治療の特集がテレビで放送

no image
最新の放射線治療の教科書

JASTRO総会が始まりましたね。 本屋さんで見かけた新刊を紹介させ

がん放射線治療計画ハンドブックの予約開始

治療計画の教科書の翻訳本がJASTRO総会にあわせて出版されます。

→もっと見る

  • face 放射線治療に関わる専門家のかたへ。
    放射線治療医が最新の情報をお伝えします。
PAGE TOP ↑