キュリー夫人伝

公開日: : 書籍

キュリー夫人の伝記で500ページ超の厚い本です。
昔、小学生の頃にも別訳で読んだように思いますが、完全に忘れていました。

「放射能」という言葉を作ったり、ポロニウム、ラジウムの発見や精製をした、放射線治療に欠かせない発見をした方です。
ちなみに、夫も娘もノーベル賞をとってるんですね。

金銭的にも研究環境も劣悪な中で、ひたむきに研究を行った事が詳細に書かれていました。

研究に人生を捧げた素晴らしい方の伝記を読んで、今の自分を思うともっと頑張らないといけないなと思いました。

カテゴリー

アーカイブ

関連記事

放射線心身症?

タイトルが気になって買ってみましたが、お勧めできない本でした。 放射線を怖がりすぎるなというので始ま

記事を読む

詳説 体幹部定位放射線治療

肺の定位照射の教科書です。 Q&A方式で、治療についての技術的な事が分かりやすく丁寧に

記事を読む

新医療 2012年4月号

ちょっと遅くなりましたが読んでみました。 ITEM2012特集がされていて、ITEMの会場付近で

記事を読む

Rad Fan 2011年11月号

「放射線治療の現在と未来」という特集が組まれています。 序文に「わたしならこれなどととらぬ狸の皮算用

記事を読む

ICRU Report 83

2010年に出版されたIMRTのための書類です。 「Prescribing, Recording,

記事を読む

IVRデバイスBOOK 2011

放射線治療ではなくIVRの雑誌です。 中身は、放射線科医向けのIVRカテーテルの紹介が主で、塞栓物

記事を読む

心配しないでいいですよ放射線治療

一般向けの放射線治療の書籍です。2006年と少し昔の本です。 内容としては放射線治療について様々な

記事を読む

no image

クリニシアンVOL58 No.602

医師向けに作られている小雑誌です。 今回は、重粒子線治療について辻井先生が、トモセラピーについて芝本

記事を読む

no image

最新の放射線治療の教科書

JASTRO総会が始まりましたね。 本屋さんで見かけた新刊を紹介させていただきます。 教育

記事を読む

理系のための研究生活ガイド第2版

2010年に出版された書籍の紹介です。ベストセラー本の「理系のための人生設計ガイド」、「理系のための

記事を読む

カテゴリー

アーカイブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー

アーカイブ

画像診断を考える 第2版

一流の放射線診断医が何を考え、どうやって学んでいるかが書かれている書籍

癌治療と漢方薬のテレビ番組(12月8日)

明日、12月8日のお昼ですが、NHKで、がん治療における漢方についての

重粒子線治療が今日のテレビで特集

今日12月6日の23時から、群馬大学の重粒子線治療の特集がテレビで放送

no image
最新の放射線治療の教科書

JASTRO総会が始まりましたね。 本屋さんで見かけた新刊を紹介させ

がん放射線治療計画ハンドブックの予約開始

治療計画の教科書の翻訳本がJASTRO総会にあわせて出版されます。

→もっと見る

  • face 放射線治療に関わる専門家のかたへ。
    放射線治療医が最新の情報をお伝えします。
PAGE TOP ↑