医学図形データ1000+ PowerPointによる学会発表パーフェクトマニュアル

公開日: : 書籍

クリップボード01

プレゼンテーションの為の書籍です。このCT画像は本からの引用です。

前半はプレゼンテーションのコツの解説、後半は医学系の図形が1000点以上が載っています。

前半のプレゼンテーションのコツの解説はあまりオススメできません。テクニックの紹介が筆者の我流である事や、不必要なアニメーション、目を引くフッタ、派手な画面切り替え効果が推奨されている事が理由です。
私自身は、説明の本質に関係のないものは極力そぎ落とすのが大事だと思っています。プレゼンテーションの基本については他の本を読まれることを強くお勧めします。

後半の素材については、emf形式とpdf形式で編集も禁止されていませんので、illustratorで作り変えることもできますので使い勝手は良いと思います。ただ、個数に関しては、例えばカプセルの絵は色が違うだけで12個あったりして実際に使えるものは数が限られています。実際に見てから買われるのがいいかと思います。

コンセプトは良い本と思いますが、残念な点が目立つ本でした。

カテゴリー

アーカイブ

関連記事

月刊 新医療 2011年1月号

医療機器系の雑誌の紹介です。この雑誌は医療系ハードウエア・IT・経営などがメインが書かれており、放射

記事を読む

腎癌診療ガイドライン 2011年版

2011年11月に出版された「腎癌診療ガイドライン」の紹介です。 腎癌は放射線抵抗性の腫瘍で、

記事を読む

前立腺がんの最新治療

2011年5月に発行された、一般向けの書籍です。 前立腺がんについて、病気の基礎、診断、治療まで幅

記事を読む

no image

「もしも、がんが再発したら」の書評

2012年3月に出版された、患者さん向けの書籍ですが、とても良い本です。 再発って、ものすごく衝撃

記事を読む

抗がん剤・放射線治療を乗り切り、元気いっぱいにする食事116の書評

一般向けの2012年5月に発行の、オススメの書籍の紹介です。 抗がん剤・放射線治療中の食事メニュー

記事を読む

放射線医が語る被ばくと発がんの真実

一般向けの書籍で、中川恵一先生が書かれています。 読む価値のあるいい本だと思いました。

記事を読む

Graphpad Prism5による生物統計学入門

先日紹介したGraphPad Prism5の解説本です 解説はPrism5英語版を元に書かれています

記事を読む

キュリー夫人伝

キュリー夫人の伝記で500ページ超の厚い本です。昔、小学生の頃にも別訳で読んだように思いますが、完全

記事を読む

放射線健康障害の真実の書評

北海道がんセンター院長の西尾先生が書かれた書籍です。 がん治療医としてのこれまでの経験やICRP

記事を読む

医療現場iPad実践ガイド

12月1日出版の医療現場向けのipad活用についての書籍です。最後の方に私が作ったアプリ「BED計算

記事を読む

カテゴリー

アーカイブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー

アーカイブ

画像診断を考える 第2版

一流の放射線診断医が何を考え、どうやって学んでいるかが書かれている書籍

癌治療と漢方薬のテレビ番組(12月8日)

明日、12月8日のお昼ですが、NHKで、がん治療における漢方についての

重粒子線治療が今日のテレビで特集

今日12月6日の23時から、群馬大学の重粒子線治療の特集がテレビで放送

no image
最新の放射線治療の教科書

JASTRO総会が始まりましたね。 本屋さんで見かけた新刊を紹介させ

がん放射線治療計画ハンドブックの予約開始

治療計画の教科書の翻訳本がJASTRO総会にあわせて出版されます。

→もっと見る

  • face 放射線治療に関わる専門家のかたへ。
    放射線治療医が最新の情報をお伝えします。
PAGE TOP ↑