がん治療を受ける前に知っておきたい55のこと

公開日: : 書籍

一般向けの書籍で、国立がんセンター中央病院の病院長の土屋先生(外科医)が書かれた書籍です

病院選びから治療方法まで、わかりやすく選択の仕方、心構え、知っておいたほうがいいことなどを書かれています。個別の疾患については書かれていません。
大学病院・がんセンターが誰にとっても良い病院なわけではなく、地元で長く見てもらえる医師を見つけたほうがいい場合が多いことについては、結構な分量をさいて書かれています。
また、放射線治療医が少ない事や、それにもかかわらず画像診断も行っている現状にも触れられています。

良書と思いました。

カテゴリー

アーカイブ

関連記事

ICRU Report 83

2010年に出版されたIMRTのための書類です。 「Prescribing, Recording,

記事を読む

本物の医師になれる人、なれない人

崇高な医師になろうと頑張っている高校生が読めば面白いかもしれませんが、医師向けではない本でした。am

記事を読む

新医療 2011年12月号

「放射線治療は病院になにを与えるか」ということで、病院の経営から見た最新の放射線治療機器のお話が載っ

記事を読む

これからの乳癌診療 2011-2012

医師向けの乳がんの最近のトピックスをまとめた分かりやすい本です。 様々な分野の最新のトピックスがかか

記事を読む

がん放射線治療と看護の実践

新刊の書籍の紹介です。 「がん放射線治療と看護の実践: 部位別でわかりやすい! 最新治療と有害事象

記事を読む

知っておきたい放射線治療学

書籍の紹介です。2011年5月に出版された、放射線科医向けの放射線科専門医試験対策本です。 放射線科

記事を読む

「放射線医学イントロダクション」の書評

2012年2月に発行された放射線科の入門書です。医学生・若手医師向けということで、購入して放射線治療

記事を読む

月刊 新医療 2010年12月号

半年ほど前の雑誌の紹介です。 この号は、「最新放射線治療装置に込めた病院戦略」という特集で、放射線治

記事を読む

アナタはなぜチェックリストを使わないのか?

一般書の紹介です。 外科医の著者が、航空業界を参考にしながら、WHOでチェックリストを作成した話で

記事を読む

「がんサバイバー」は晩期副作用の勉強に良い本でした。

「がんサバイバー: 医学・心理・社会的アプローチでがん治療を結いなおす」という2012年6月に出版さ

記事を読む

カテゴリー

アーカイブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー

アーカイブ

画像診断を考える 第2版

一流の放射線診断医が何を考え、どうやって学んでいるかが書かれている書籍

癌治療と漢方薬のテレビ番組(12月8日)

明日、12月8日のお昼ですが、NHKで、がん治療における漢方についての

重粒子線治療が今日のテレビで特集

今日12月6日の23時から、群馬大学の重粒子線治療の特集がテレビで放送

no image
最新の放射線治療の教科書

JASTRO総会が始まりましたね。 本屋さんで見かけた新刊を紹介させ

がん放射線治療計画ハンドブックの予約開始

治療計画の教科書の翻訳本がJASTRO総会にあわせて出版されます。

→もっと見る

  • face 放射線治療に関わる専門家のかたへ。
    放射線治療医が最新の情報をお伝えします。
PAGE TOP ↑