論理的にプレゼンする技術

公開日: : 書籍

理系研究者がわかりやすくプレゼンするための本です。
見開きの左ページが文章で説明、右ページがイラストとなっていて、すごく読みやすい本です。
内容も説明も非常に良い内容で、お勧めです。

テクニック本というよりは、当たり前ですが大事でなかなか気付かない事が書かれている本です。

ちなみに、作者はhirax.netの方です。
ホームページで10年以上前からコンスタントに面白い科学ネタを書かれています。
知ってらっしゃる方もいるのでは。

例えば、恋の力学 三角関係編など。
http://www.hirax.net/dekirukana2/body2/

 

カテゴリー

アーカイブ

関連記事

本物の医師になれる人、なれない人

崇高な医師になろうと頑張っている高校生が読めば面白いかもしれませんが、医師向けではない本でした。am

記事を読む

放射線健康障害の真実の書評

北海道がんセンター院長の西尾先生が書かれた書籍です。 がん治療医としてのこれまでの経験やICRP

記事を読む

子宮頸癌治療ガイドライン 2011年版

2011年11月に出版されたガイドラインです。 放射線科の先生も戸板先生や、古平先生が、宇野先生など

記事を読む

だから放射線科医はおもしろい!

2011年2月発行のこれから画像診断医を目指す先生へおすすめの書籍です。画像診断の紹介本です。遠隔読

記事を読む

早期食道癌そのコンセンサスと最前線の書評

2012年1月に出版された医師向けの教科書です。 放射線治療の分野については、西村恭昌先生が書

記事を読む

キュリー夫人伝

キュリー夫人の伝記で500ページ超の厚い本です。昔、小学生の頃にも別訳で読んだように思いますが、完全

記事を読む

放射線心身症?

タイトルが気になって買ってみましたが、お勧めできない本でした。 放射線を怖がりすぎるなというので始ま

記事を読む

放射線のひみつ

原発事故の放射線問題について、分かりやすく解説した本です。この前、東大に講演会に行ったときに中川先生

記事を読む

TNM 悪性腫瘍の分類

書籍の紹介です。悪性腫瘍のTNM分類について書かれているだけのリファレンス本です。 コンパクトですし

記事を読む

新医療 2011年12月号

「放射線治療は病院になにを与えるか」ということで、病院の経営から見た最新の放射線治療機器のお話が載っ

記事を読む

カテゴリー

アーカイブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー

アーカイブ

画像診断を考える 第2版

一流の放射線診断医が何を考え、どうやって学んでいるかが書かれている書籍

癌治療と漢方薬のテレビ番組(12月8日)

明日、12月8日のお昼ですが、NHKで、がん治療における漢方についての

重粒子線治療が今日のテレビで特集

今日12月6日の23時から、群馬大学の重粒子線治療の特集がテレビで放送

no image
最新の放射線治療の教科書

JASTRO総会が始まりましたね。 本屋さんで見かけた新刊を紹介させ

がん放射線治療計画ハンドブックの予約開始

治療計画の教科書の翻訳本がJASTRO総会にあわせて出版されます。

→もっと見る

  • face 放射線治療に関わる専門家のかたへ。
    放射線治療医が最新の情報をお伝えします。
PAGE TOP ↑