知ってる知らないが生死を分ける 最新医療技術

公開日: : 書籍

一般向けの書籍です。 重粒子線治療が載っていたので買って見ました。

重粒子線治療については群馬大学が紹介されており、症例も骨肉腫・腺様嚢胞癌が示されており良記事と思いました。

その他にはIPS細胞、重粒子線治療、ダ・ヴィンチ、細胞シートから、小腸内視鏡、3Dマンモグラフィー、タキソテールなどなど最近の治療の羅列でした。
個別の記事についてはいいものもたくさんありましたが、まとまりがとれていない書籍でした。巻末に治療が受けられる病院リストが載っていましたが、例えば冠動脈ステント留置が出来る病院が全国で10個しか掲載されていないなどちょっとお粗末な内容でした。

誇大広告のようなタイトルの雑誌はやはり中身もあまり期待できないなと思いました。

カテゴリー

アーカイブ

関連記事

知っておきたい放射線治療学

書籍の紹介です。2011年5月に出版された、放射線科医向けの放射線科専門医試験対策本です。 放射線科

記事を読む

「放射線医学 放射線腫瘍学」の書評

2012年4月に発行された、放射線治療医向けの教科書です。 放射線治療を始めたばかりの先生にオス

記事を読む

月刊インナービジョン2011年8月号に載りました。

私事ですが、7月25日発行のインナービジョンに記事を掲載していただきました。 内容は、iPhoneア

記事を読む

もしもベクレルさんが放射能を発見していなければ

書籍の紹介です。一般向けの本です。 タイトルや帯はベクレル・シーベルトだけが書かれていますが、単に最

記事を読む

Preziで始めるズーミングプレゼンテーション

オンラインプレゼンテーションソフトの紹介です。 作成はオンラインでFlashアプリケーションで行いま

記事を読む

本物の医師になれる人、なれない人

崇高な医師になろうと頑張っている高校生が読めば面白いかもしれませんが、医師向けではない本でした。am

記事を読む

病院と患者のための放射線治療

2012年1月5日に出版された書籍の紹介です。 対象としては、放射線治療に興味がある病院関係者や

記事を読む

Textbook of Radiosurgery 放射線外科治療の進歩

2012年1月に出版されたおすすめの本です。 脳定位放射線治療の教科書で、主に脳外科の医師が執筆さ

記事を読む

CT Anatomy for Radiotherapy

放射線治療医向けの英語の教科書です。 放射線治療のための解剖が詳細に載っています。臓器や構造が詳し

記事を読む

子宮頸癌治療ガイドライン 2011年版

2011年11月に出版されたガイドラインです。 放射線科の先生も戸板先生や、古平先生が、宇野先生など

記事を読む

カテゴリー

アーカイブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー

アーカイブ

画像診断を考える 第2版

一流の放射線診断医が何を考え、どうやって学んでいるかが書かれている書籍

癌治療と漢方薬のテレビ番組(12月8日)

明日、12月8日のお昼ですが、NHKで、がん治療における漢方についての

重粒子線治療が今日のテレビで特集

今日12月6日の23時から、群馬大学の重粒子線治療の特集がテレビで放送

no image
最新の放射線治療の教科書

JASTRO総会が始まりましたね。 本屋さんで見かけた新刊を紹介させ

がん放射線治療計画ハンドブックの予約開始

治療計画の教科書の翻訳本がJASTRO総会にあわせて出版されます。

→もっと見る

  • face 放射線治療に関わる専門家のかたへ。
    放射線治療医が最新の情報をお伝えします。
PAGE TOP ↑