知ってる知らないが生死を分ける 最新医療技術

公開日: : 書籍

一般向けの書籍です。 重粒子線治療が載っていたので買って見ました。

重粒子線治療については群馬大学が紹介されており、症例も骨肉腫・腺様嚢胞癌が示されており良記事と思いました。

その他にはIPS細胞、重粒子線治療、ダ・ヴィンチ、細胞シートから、小腸内視鏡、3Dマンモグラフィー、タキソテールなどなど最近の治療の羅列でした。
個別の記事についてはいいものもたくさんありましたが、まとまりがとれていない書籍でした。巻末に治療が受けられる病院リストが載っていましたが、例えば冠動脈ステント留置が出来る病院が全国で10個しか掲載されていないなどちょっとお粗末な内容でした。

誇大広告のようなタイトルの雑誌はやはり中身もあまり期待できないなと思いました。

カテゴリー

アーカイブ

関連記事

放射線療法の有害反応―カラーアトラス目で見て学ぶ

教科書の紹介です。 放射線治療の副作用についての教科書です。頭頚部腫瘍に対する副作用の解説が主ですが

記事を読む

がん治療レクチャー VOL.2No.1放射線療法Q&A

放射線治療医向けの書籍です。これはおすすめの書籍です。放射線治療関連について、1冊まるごと200ペー

記事を読む

早期食道癌そのコンセンサスと最前線の書評

2012年1月に出版された医師向けの教科書です。 放射線治療の分野については、西村恭昌先生が書

記事を読む

前立腺がんの最新治療

2011年5月に発行された、一般向けの書籍です。 前立腺がんについて、病気の基礎、診断、治療まで幅

記事を読む

名医が語る最新・最良の治療 前立腺がん

2011年7月に発売された一般向けの書籍です。 前立腺がんの最新治療について、様々な分野の医師が分担

記事を読む

がん診療のサポーティブケアガイドの書評

2010年3月に出版された医師向けの書籍で、がん治療における合併症、副作用対策の書籍です。 放射線

記事を読む

こんな放射線科はもういらない

2009年2月に出版された本です。放射線科医が書かれた書籍ですが、読者として、放射線科医を対象にして

記事を読む

「放射線医学イントロダクション」の書評

2012年2月に発行された放射線科の入門書です。医学生・若手医師向けということで、購入して放射線治療

記事を読む

no image

「もっと知ってほしい 大切な人ががんになったとき」の小冊子

「がんの治療について正しい知識を持つ」のコーナーで放射線治療についても詳しく書かれていますが、内容が

記事を読む

家庭画報 2011年3月号

一般雑誌で前立腺がんの放射線治療が取り上げられていました。 家庭画報の2011年3月号で5ページに

記事を読む

カテゴリー

アーカイブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー

アーカイブ

画像診断を考える 第2版

一流の放射線診断医が何を考え、どうやって学んでいるかが書かれている書籍

癌治療と漢方薬のテレビ番組(12月8日)

明日、12月8日のお昼ですが、NHKで、がん治療における漢方についての

重粒子線治療が今日のテレビで特集

今日12月6日の23時から、群馬大学の重粒子線治療の特集がテレビで放送

no image
最新の放射線治療の教科書

JASTRO総会が始まりましたね。 本屋さんで見かけた新刊を紹介させ

がん放射線治療計画ハンドブックの予約開始

治療計画の教科書の翻訳本がJASTRO総会にあわせて出版されます。

→もっと見る

  • face 放射線治療に関わる専門家のかたへ。
    放射線治療医が最新の情報をお伝えします。
PAGE TOP ↑