臨床放射線 2011年10月号

公開日: : 書籍

放射線科医向けの雑誌の紹介です。
今月の臨床放射線は、「機能画像の放射線治療への応用」でした。

2011年2月の高精度放射線外部照射研究会での講演を書籍に直したものとなっています。
PET/CTの低酸素イメージング、分子イメージングや、前立腺MRIのMRS画像などです。

聞いたはずの話が結構忘れていて、改めて勉強させて頂きました。

記憶に残った事を3つほど書いておきます。

  • 腫瘍の低酸素領域については、高酸素領域と比較しOERが3倍(放射線量が3倍必要)とのことで、放射線線量の線量増加という手段だけでは解決が困難なよう。
  • PET/CTから自動でGTVを決めるのはまだまだ難しそう。腫瘍医の手作業での調節が必要と思いました。
  • 呼吸同期PET/CTは通常のPETより克明に腫瘍を同定できる。ただ、腫瘍医の工夫と想像力で、呼吸同期がないPET/CTでもなんとかなりそう。

カテゴリー

アーカイブ

関連記事

no image

「もっと知ってほしい 大切な人ががんになったとき」の小冊子

「がんの治療について正しい知識を持つ」のコーナーで放射線治療についても詳しく書かれていますが、内容が

記事を読む

抗がん剤・放射線治療を乗り切り、元気いっぱいにする食事116の書評

一般向けの2012年5月に発行の、オススメの書籍の紹介です。 抗がん剤・放射線治療中の食事メニュー

記事を読む

がん放射線治療と看護の実践

新刊の書籍の紹介です。 「がん放射線治療と看護の実践: 部位別でわかりやすい! 最新治療と有害事象

記事を読む

Textbook of Radiosurgery 放射線外科治療の進歩

2012年1月に出版されたおすすめの本です。 脳定位放射線治療の教科書で、主に脳外科の医師が執筆さ

記事を読む

Rad Fan 2012年3月号

今回の特集は、「放射線治療の実践ガイド」となっています。 Vero,CyberKnife,True

記事を読む

「放射線医学 放射線腫瘍学」の書評

2012年4月に発行された、放射線治療医向けの教科書です。 放射線治療を始めたばかりの先生にオス

記事を読む

IVRデバイスBOOK 2011

放射線治療ではなくIVRの雑誌です。 中身は、放射線科医向けのIVRカテーテルの紹介が主で、塞栓物

記事を読む

悪魔の放射線Ⅱ

一般向けの書籍です。 放射線治療を用いた最新のがん治療についても50ページほど割いて、解説してありま

記事を読む

画像診断2011年12月

神経膠腫の特集がされています。 画像診断の話が主ですが、放射線治療や病理、ウイルス療法についても書

記事を読む

ラジオロジー No.18

日本ラジオロジー協会が患者様向けに作っている数ページの広報誌です。 今回は乳癌の放射線治療で、東

記事を読む

カテゴリー

アーカイブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー

アーカイブ

画像診断を考える 第2版

一流の放射線診断医が何を考え、どうやって学んでいるかが書かれている書籍

癌治療と漢方薬のテレビ番組(12月8日)

明日、12月8日のお昼ですが、NHKで、がん治療における漢方についての

重粒子線治療が今日のテレビで特集

今日12月6日の23時から、群馬大学の重粒子線治療の特集がテレビで放送

no image
最新の放射線治療の教科書

JASTRO総会が始まりましたね。 本屋さんで見かけた新刊を紹介させ

がん放射線治療計画ハンドブックの予約開始

治療計画の教科書の翻訳本がJASTRO総会にあわせて出版されます。

→もっと見る

  • face 放射線治療に関わる専門家のかたへ。
    放射線治療医が最新の情報をお伝えします。
PAGE TOP ↑