これから論文を書く若者のために

公開日: : 書籍

書籍の紹介です。

すごくわかりやすく論文を書くためのアドバイスが書かれている書籍です。
論文を書くための準備を始めたくらいの方にはとても有用だと思います。

私自身、文章を書くのが苦手で、論文も書いたことがないし、論文を書くことから逃げていましたが、この本に「論文を書かないことは、ずるい・ひどい・惜しい」と書かれていて反省しました。

今日からまた論文作成を頑張ることにしました。

カテゴリー

アーカイブ

関連記事

no image

「もしも、がんが再発したら」の書評

2012年3月に出版された、患者さん向けの書籍ですが、とても良い本です。 再発って、ものすごく衝撃

記事を読む

放射線医療―CT診断から緩和ケアまで

書籍の紹介です。2009年に出版された一般向けの新書です。 1冊まるごと放射線科の紹介です。内容は

記事を読む

腎癌診療ガイドライン 2011年版

2011年11月に出版された「腎癌診療ガイドライン」の紹介です。 腎癌は放射線抵抗性の腫瘍で、

記事を読む

難治がんと闘う

一般向けの書籍で、大阪府立成人病センター各分野の専門医師ががんの種別ごとに治療について語ってらっしゃ

記事を読む

no image

映像情報メディカル2011年11月号

放射線治療最前線2011ということ特集が組まれています。 この雑誌自体初めて知ったのですが、東京医

記事を読む

がんは放射線治療で治す

一般向けの書籍ですが、医療関係者が読んでも面白い、お勧めの本です。 一番のターゲットは医療経済・病院

記事を読む

IVRデバイスBOOK 2011

放射線治療ではなくIVRの雑誌です。 中身は、放射線科医向けのIVRカテーテルの紹介が主で、塞栓物

記事を読む

これからの乳癌診療 2011-2012

医師向けの乳がんの最近のトピックスをまとめた分かりやすい本です。 様々な分野の最新のトピックスがかか

記事を読む

詳説強度変調放射線治療―物理・技術的ガイドラインの詳細

物理士・品質管理士向けの書籍です。IMRTのQA/QCに興味のある医師・技師向けでもあり、お勧めの書

記事を読む

画像診断2011年12月

神経膠腫の特集がされています。 画像診断の話が主ですが、放射線治療や病理、ウイルス療法についても書

記事を読む

カテゴリー

アーカイブ

Comment

  1. 見知らぬ人(笑) より:

    この本読みました。買わなかったけど・・・。すごくいい本だなあと思っています。だけどなあ・・・論文・・・私ももっとちゃんと書かないとと思いつつ・・・。決意もしつつ・・・。よし。今日から私も気合入れなおします。

  2. ttm より:

    つい先送りにしてしまうんですよね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー

アーカイブ

画像診断を考える 第2版

一流の放射線診断医が何を考え、どうやって学んでいるかが書かれている書籍

癌治療と漢方薬のテレビ番組(12月8日)

明日、12月8日のお昼ですが、NHKで、がん治療における漢方についての

重粒子線治療が今日のテレビで特集

今日12月6日の23時から、群馬大学の重粒子線治療の特集がテレビで放送

no image
最新の放射線治療の教科書

JASTRO総会が始まりましたね。 本屋さんで見かけた新刊を紹介させ

がん放射線治療計画ハンドブックの予約開始

治療計画の教科書の翻訳本がJASTRO総会にあわせて出版されます。

→もっと見る

  • face 放射線治療に関わる専門家のかたへ。
    放射線治療医が最新の情報をお伝えします。
PAGE TOP ↑