誰も教えてくれなかった癌臨床試験の正しい解釈

公開日: : 書籍

2011年10月に出版された書籍で、臨床試験の結果の理解が深まる、非常におすすめの書籍です。
筆者は臨床の呼吸器内科医で、肺癌のchemotherapy、CRTの実際の臨床試験の結果を用いて統計の解説がされています。
私はこの本を読んで、臨床試験のデザイン・結果の解釈のレベルが飛躍的に上がりました。

この本を読むと例えば、以下のような事がわかるようになります。

  • 「新薬が従来治療より有意に劣っているが、非劣性は証明されたpositive trial」ってどういうこと?
  • 「Progression-free suvivalは変わらないが、Overall survivalが有意に良い試験」の判断
  • 「サブセット解析で優位な差がついたのだけで、全体の試験を中間解析時点で終了」の是非

中身の大項目を書いておきます。

  • 非劣性試験
  • 中間解析と試験の中止、結果公表
  • 個別化治療について
  • 臨床試験におけるエンドポイント
  • clinical equipoise
  • コストパフォーマンス

カテゴリー

アーカイブ

関連記事

がん放射線治療技術マニュアル

書籍の紹介です。技師向けの放射線治療についての教科書のような本です。 筆者は、治療経験が非常に長いよ

記事を読む

抗がん剤・放射線治療を乗り切り、元気いっぱいにする食事116の書評

一般向けの2012年5月に発行の、オススメの書籍の紹介です。 抗がん剤・放射線治療中の食事メニュー

記事を読む

乳癌診療ガイドライン 2011年 治療編

2011年度版の放射線治療のガイドラインが9月に出版されていました。 今年からは外科・薬物・放射線

記事を読む

がん診療のサポーティブケアガイドの書評

2010年3月に出版された医師向けの書籍で、がん治療における合併症、副作用対策の書籍です。 放射線

記事を読む

東大のがん治療医が癌になって

書籍の紹介です。 一般向けでもあり、医師向けでもあるかなと思います。 実際に若年で癌になった時の心情

記事を読む

インナービジョン 2012年2月号

RSNA2011の特集がされていました。 放射線治療関連を北海道大学の土屋先生が書かれています。

記事を読む

乳癌レビュー 2012の書評

2011年12月に出版された医師向けの書籍です。以前に出版された乳癌レビュー2009のアップデート版

記事を読む

がん看護セレクション がん放射線治療

2012年10月1日に発行された看護師向けの書籍です。放射線治療の基礎から非常に詳しく書かれており、

記事を読む

日経サイエンス2012年5月

一般向けの雑誌ですが、早期前立腺癌の治療の是非について特集されています。 スクリーニング検査の是非

記事を読む

いきなりスゴイ! PowerPoint【超実践! これ一冊で完全マスター】

PowerPointによるプレゼンテーションの本です。 インパクトのある素晴らしいプレゼンテーション

記事を読む

カテゴリー

アーカイブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー

アーカイブ

画像診断を考える 第2版

一流の放射線診断医が何を考え、どうやって学んでいるかが書かれている書籍

癌治療と漢方薬のテレビ番組(12月8日)

明日、12月8日のお昼ですが、NHKで、がん治療における漢方についての

重粒子線治療が今日のテレビで特集

今日12月6日の23時から、群馬大学の重粒子線治療の特集がテレビで放送

no image
最新の放射線治療の教科書

JASTRO総会が始まりましたね。 本屋さんで見かけた新刊を紹介させ

がん放射線治療計画ハンドブックの予約開始

治療計画の教科書の翻訳本がJASTRO総会にあわせて出版されます。

→もっと見る

  • face 放射線治療に関わる専門家のかたへ。
    放射線治療医が最新の情報をお伝えします。
PAGE TOP ↑