映像情報メディカル2011年11月号

公開日: : 書籍

放射線治療最前線2011ということ特集が組まれています。

この雑誌自体初めて知ったのですが、東京医科大学の徳植先生が企画で特集を組まれていました。
東京医科大学というと、補償フィルタでのIMRTの話を何度か聞かせていただいた事があります。
今回の特集でも肺の定位照射に補償フィルタを使った話が出てきて興味深かったです。

またVarian TrueBeamについても記事があって面白かったです。
デベロッパーモードという自由に制御ユニットをコントロールできるノンクリニックモードというのを始めてりしました。
これを使ってカウチをダイナミックに動かしながら、アーク照射をしている軌跡が載っていました。3D-VMATのような事が将来的に可能になると面白いですね。

http://www.eizojoho.co.jp/medical/bn/bn201111.html

カテゴリー

アーカイブ

関連記事

Textbook of Radiosurgery 放射線外科治療の進歩

2012年1月に出版されたおすすめの本です。 脳定位放射線治療の教科書で、主に脳外科の医師が執筆さ

記事を読む

新医療 2011年12月号

「放射線治療は病院になにを与えるか」ということで、病院の経営から見た最新の放射線治療機器のお話が載っ

記事を読む

no image

クリニシアンVOL58 No.602

医師向けに作られている小雑誌です。 今回は、重粒子線治療について辻井先生が、トモセラピーについて芝本

記事を読む

原発不明がん診療ガイドライン2010

2010年に発行された原発不明がんのガイドラインです。 放射線治療に関連する原発不明がんとして

記事を読む

放射線健康障害の真実の書評

北海道がんセンター院長の西尾先生が書かれた書籍です。 がん治療医としてのこれまでの経験やICRP

記事を読む

がん治療を受ける前に知っておきたい55のこと

一般向けの書籍で、国立がんセンター中央病院の病院長の土屋先生(外科医)が書かれた書籍です 病院選びか

記事を読む

知ってる知らないが生死を分ける 最新医療技術

一般向けの書籍です。 重粒子線治療が載っていたので買って見ました。 重粒子線治療については群馬大学が

記事を読む

詳説強度変調放射線治療―物理・技術的ガイドラインの詳細

物理士・品質管理士向けの書籍です。IMRTのQA/QCに興味のある医師・技師向けでもあり、お勧めの書

記事を読む

子宮頸癌治療ガイドライン 2011年版

2011年11月に出版されたガイドラインです。 放射線科の先生も戸板先生や、古平先生が、宇野先生など

記事を読む

RadFan2011年4月臨時増刊号

雑誌の紹介です。Rad Fan2011年4月増刊号です。 放射線治療Up to Date2011とし

記事を読む

カテゴリー

アーカイブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー

アーカイブ

画像診断を考える 第2版

一流の放射線診断医が何を考え、どうやって学んでいるかが書かれている書籍

癌治療と漢方薬のテレビ番組(12月8日)

明日、12月8日のお昼ですが、NHKで、がん治療における漢方についての

重粒子線治療が今日のテレビで特集

今日12月6日の23時から、群馬大学の重粒子線治療の特集がテレビで放送

no image
最新の放射線治療の教科書

JASTRO総会が始まりましたね。 本屋さんで見かけた新刊を紹介させ

がん放射線治療計画ハンドブックの予約開始

治療計画の教科書の翻訳本がJASTRO総会にあわせて出版されます。

→もっと見る

  • face 放射線治療に関わる専門家のかたへ。
    放射線治療医が最新の情報をお伝えします。
PAGE TOP ↑