限局期のホジキンリンパ腫のRTの意義は?

公開日: : News

2011年12月のNEJMに載っている興味深い論文です。

Limited-Stage Hodgkin’s Lymphomaの患者405人に対するABVD療法単独と、放射線治療(単独もしくはABVD併用)の比較が載っています。

12年生存がABVD単独で94%、放射線治療で87%と放射線治療なしの方が良好な生存率となっています。
病気のコントロールは放射線治療の方が良くなっています。

以前のように後半に強力な放射線治療は避けるべきなのかなと思いました。最近のトレンドの限局した照射野で線量も必要最低限にするのがいいのかなと思います。

http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa1111961?query=featured_home

カテゴリー

アーカイブ

関連記事

no image

ELEKTA ClarityがFDA承認

ELEKTAの超音波での位置決め機器であるClarityがFDAに承認されたようです。 リニアッ

記事を読む

粒子線がん治療 基礎研修

粒子線治療の基礎研修セミナーの平成23年度第3回の申し込みが始まっています。 昨年度までは2回だっ

記事を読む

no image

DCISの術後放射線治療

5cm未満の乳癌DCISの術後放射線治療についてのニュースです。 ヨーロッパで、1986年から96

記事を読む

no image

皮膚パッチでの小線源治療がインドから発表されています

皮膚の基底細胞がんの治療で、パッチでの小線源治療がニュースになっていました。 放射性リン(P32)を

記事を読む

福島県にBNCT施設建設予定

福島県の郡山に原子炉型のBNCTが建設予定なんですね。最近の補正予算に組み込まれていたようです。 b

記事を読む

no image

Varianとシーメンスがグローバルパートナーシップ締結

4月の話ですが、Varianとシーメンスがグローバルパートナーシップを締結したというニュースです。

記事を読む

no image

ESTROメンバーのRed Journalアクセス権終了

ESTROから案内が来ました。 これまではESTROに会員登録をすると、Green jounal(R

記事を読む

no image

写真ページを作りました。

放射線治療に関係する写真素材のページを作りました。 教育用や非営利目的には無料で使っていただいて

記事を読む

no image

医学物理士が職業分類の一つに

2011年上旬の話ですが、国際労働機構(ILO)で、medical Physicistが職業分類の一

記事を読む

no image

Oncotype DXが米国で臨床応用へ

第34回サンアントニオ乳癌シンポジウムで、Oncotype DXを使ったDCISのリスクスコアの発表

記事を読む

カテゴリー

アーカイブ

Comment

  1. 相部 則博 より:

    Limited-stage favorable-group Hodgkin’s lymphoma に対する治療は、今は話題になっていますよね。世界的には、今後、GHSG の HD10 を受けて、ABVD×②~④+involved field RT 20Gy/10fr が標準となりそうですよね。HD16 などの結果が待ち遠しいですね。

    最近、この症例が来て、勉強する機会があったのでコメントさせていただきました。
    実は、いろいろと先生の意見も聞きたいことがあるのですが、少しマニアなので、またお会いしたときにでも話しさせてください。ではでは~

  2. 堤 真一 より:

    なるほどです。この論文では、35 Gy in 20 daily fractionsとなっていますね。

    20Gy/10frの晩期毒性がどれくらいかが気になります。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー

アーカイブ

画像診断を考える 第2版

一流の放射線診断医が何を考え、どうやって学んでいるかが書かれている書籍

癌治療と漢方薬のテレビ番組(12月8日)

明日、12月8日のお昼ですが、NHKで、がん治療における漢方についての

重粒子線治療が今日のテレビで特集

今日12月6日の23時から、群馬大学の重粒子線治療の特集がテレビで放送

no image
最新の放射線治療の教科書

JASTRO総会が始まりましたね。 本屋さんで見かけた新刊を紹介させ

がん放射線治療計画ハンドブックの予約開始

治療計画の教科書の翻訳本がJASTRO総会にあわせて出版されます。

→もっと見る

  • face 放射線治療に関わる専門家のかたへ。
    放射線治療医が最新の情報をお伝えします。
PAGE TOP ↑