限局期のホジキンリンパ腫のRTの意義は?

公開日: : News

2011年12月のNEJMに載っている興味深い論文です。

Limited-Stage Hodgkin’s Lymphomaの患者405人に対するABVD療法単独と、放射線治療(単独もしくはABVD併用)の比較が載っています。

12年生存がABVD単独で94%、放射線治療で87%と放射線治療なしの方が良好な生存率となっています。
病気のコントロールは放射線治療の方が良くなっています。

以前のように後半に強力な放射線治療は避けるべきなのかなと思いました。最近のトレンドの限局した照射野で線量も必要最低限にするのがいいのかなと思います。

http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa1111961?query=featured_home

カテゴリー

アーカイブ

関連記事

no image

放射線科専門医制度における必須講習会

放射線治療医への案内です。 平成25年度の放射線治療専門医の資格更新時から講習の受講が増えるそ

記事を読む

no image

Agilityが薬事承認

7月にエレクタの5mmリーフであるAgilityがPMDAの承認を取得したようです。 単に5mmに

記事を読む

1周年記念

今日でblogを初めてちょうど1年です。 まずは1年間、ほぼ毎日更新させていただくことができました

記事を読む

no image

外来放射線照射診療料の詳細・質疑応答

3月5日に厚生労働省から診療報酬改定説明会(質疑応答)が行われ、そこで外来保険診療料の質疑応答が行わ

記事を読む

粒子線治療技術の世界展開編

サイエンスニュースという一般向けニュースです。 5分で粒子線治療について紹介されていました。

記事を読む

no image

放射線遮蔽シートの新製品

放射線を遮蔽する樹脂シートが発売されたそうです。 製品として想定している1mm厚で、遮蔽が3%と

記事を読む

no image

Oncotype DXが米国で臨床応用へ

第34回サンアントニオ乳癌シンポジウムで、Oncotype DXを使ったDCISのリスクスコアの発表

記事を読む

no image

RadFan特設ページが更新されています

RadFanのITEM2012およびJRC2012の特設ページで、今回の学会の様子や感想などが色々と

記事を読む

アキュセラの高精度X線治療機器

アキュセラの試作リニアックができたようですね。 ロボット型のリニアックですが、似た形のcyber

記事を読む

no image

Monaco3.0リリース

IMRT/VMAT専用RTPSであるMonaco(Elekta製品)の新しいバージョンがリリースされ

記事を読む

カテゴリー

アーカイブ

Comment

  1. 相部 則博 より:

    Limited-stage favorable-group Hodgkin’s lymphoma に対する治療は、今は話題になっていますよね。世界的には、今後、GHSG の HD10 を受けて、ABVD×②~④+involved field RT 20Gy/10fr が標準となりそうですよね。HD16 などの結果が待ち遠しいですね。

    最近、この症例が来て、勉強する機会があったのでコメントさせていただきました。
    実は、いろいろと先生の意見も聞きたいことがあるのですが、少しマニアなので、またお会いしたときにでも話しさせてください。ではでは~

  2. 堤 真一 より:

    なるほどです。この論文では、35 Gy in 20 daily fractionsとなっていますね。

    20Gy/10frの晩期毒性がどれくらいかが気になります。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー

アーカイブ

画像診断を考える 第2版

一流の放射線診断医が何を考え、どうやって学んでいるかが書かれている書籍

癌治療と漢方薬のテレビ番組(12月8日)

明日、12月8日のお昼ですが、NHKで、がん治療における漢方についての

重粒子線治療が今日のテレビで特集

今日12月6日の23時から、群馬大学の重粒子線治療の特集がテレビで放送

no image
最新の放射線治療の教科書

JASTRO総会が始まりましたね。 本屋さんで見かけた新刊を紹介させ

がん放射線治療計画ハンドブックの予約開始

治療計画の教科書の翻訳本がJASTRO総会にあわせて出版されます。

→もっと見る

  • face 放射線治療に関わる専門家のかたへ。
    放射線治療医が最新の情報をお伝えします。
PAGE TOP ↑