新医療 2011年12月号

公開日: : 書籍

「放射線治療は病院になにを与えるか」ということで、病院の経営から見た最新の放射線治療機器のお話が載っています。

いろいろ面白い話があったのですが、個人的には自分の先輩が立ち上げられた多根病院のNovalis TXの話が興味深かったです。立ち上げすぐにもかかわらず高精度放射線治療をかなりの件数行われていてびっくりしました。

定位照射やIMRTなどこんな短期間に立ち上げるってすごいなと思いました。

巻末には東日本の放射線治療機器一覧が載っていました。昨年の同月号にも載っていましたので、毎年恒例なのでしょうか。

 

カテゴリー

アーカイブ

関連記事

治療線量の第3者評価はとても大事なお話です。

臨床放射線2012年6月号の紹介です。 今回の特集は、「放射線治療のさらなる質保証をめざして」とい

記事を読む

がんサポート 2012年5月の感想

前立腺癌特集でした。 最新の治療ばかり載っているのかと思ったら、最初の10ページは分かりやすく病期

記事を読む

IVRデバイスBOOK 2011

放射線治療ではなくIVRの雑誌です。 中身は、放射線科医向けのIVRカテーテルの紹介が主で、塞栓物

記事を読む

こんな放射線科はもういらない

2009年2月に出版された本です。放射線科医が書かれた書籍ですが、読者として、放射線科医を対象にして

記事を読む

no image

放射線治療ガイドライン2008

放射線治療医向けの参考書です。 持っていない治療医はまずいないと思います。放射線治療医の教科書を1冊

記事を読む

理系のための研究生活ガイド第2版

2010年に出版された書籍の紹介です。ベストセラー本の「理系のための人生設計ガイド」、「理系のための

記事を読む

エビデンスで知るがんと死亡のリスク

この本は面白くて、臨床現場で役に立つ、非常にお勧めの本です。 患者さんからよく聞かれるがんになりやす

記事を読む

RadFan2012年4月号

学会中に販売されていた最新号の放射線科雑誌です。 今年の診療報酬の改訂について放射線治療と診断とあ

記事を読む

「これからの乳癌診療2012ー2013」は勉強になる本でした。

2012年6月に発行された医師向けの書籍である「これからの乳癌診療2012ー2013」を読みました。

記事を読む

もしベク?

小ネタです。 amazonでたまたま見つけた面白そうな書籍です。「もしベクレルさんが放射能を発見して

記事を読む

カテゴリー

アーカイブ

Comment

  1. 相部 則博 より:

    堤先生のブログ始めて見ました~
    勉強になります。ここでもお世話になります(笑)。

    ちょっとこの本は面白そうなので、買ってみようかなと思っています。
    また、有意義な情報を心待ちにしております。

  2. 堤 真一 より:

    今後ともよろしくです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー

アーカイブ

画像診断を考える 第2版

一流の放射線診断医が何を考え、どうやって学んでいるかが書かれている書籍

癌治療と漢方薬のテレビ番組(12月8日)

明日、12月8日のお昼ですが、NHKで、がん治療における漢方についての

重粒子線治療が今日のテレビで特集

今日12月6日の23時から、群馬大学の重粒子線治療の特集がテレビで放送

no image
最新の放射線治療の教科書

JASTRO総会が始まりましたね。 本屋さんで見かけた新刊を紹介させ

がん放射線治療計画ハンドブックの予約開始

治療計画の教科書の翻訳本がJASTRO総会にあわせて出版されます。

→もっと見る

  • face 放射線治療に関わる専門家のかたへ。
    放射線治療医が最新の情報をお伝えします。
PAGE TOP ↑