原発不明がん診療ガイドライン2010

公開日: : 書籍

2010年に発行された原発不明がんのガイドラインです。

放射線治療に関連する原発不明がんとしては、腋窩リンパ節(乳癌)、頸部リンパ節(頭頸部がん)、鼠径リンパ節(至急、膣、肛門)などがあがります。

原発不明がんの診療は、予後良好群か予後不良群に分けるところから始めますが、上記の癌はいずれも予後良好群に入ります。
放射線治療医としてはきっちりと学んでおくことが必要かなあと思いました。

このガイドラインは70ページとコンパクトに分かりやすくまとまっていますので一読の価値はあると思います。
この分野に詳しい方には物足りないと思いますが、知らない方にはオススメの本です。

カテゴリー

アーカイブ

関連記事

がん医療の現在 20―第25回がんについての市民公開講演会記録

書籍の紹介です。2009年7月に発行された、国立がんセンター中央病院放射線治療部長 伊丹純先生が書か

記事を読む

がん看護セレクション がん放射線治療

2012年10月1日に発行された看護師向けの書籍です。放射線治療の基礎から非常に詳しく書かれており、

記事を読む

東大のがん治療医が癌になって

書籍の紹介です。 一般向けでもあり、医師向けでもあるかなと思います。 実際に若年で癌になった時の心情

記事を読む

放射線療法の有害反応―カラーアトラス目で見て学ぶ

教科書の紹介です。 放射線治療の副作用についての教科書です。頭頚部腫瘍に対する副作用の解説が主ですが

記事を読む

インナービジョン 2012年2月号

RSNA2011の特集がされていました。 放射線治療関連を北海道大学の土屋先生が書かれています。

記事を読む

「これからの乳癌診療2012ー2013」は勉強になる本でした。

2012年6月に発行された医師向けの書籍である「これからの乳癌診療2012ー2013」を読みました。

記事を読む

がん放射線治療技術マニュアル

書籍の紹介です。技師向けの放射線治療についての教科書のような本です。 筆者は、治療経験が非常に長いよ

記事を読む

がんは放射線治療で治す

一般向けの書籍ですが、医療関係者が読んでも面白い、お勧めの本です。 一番のターゲットは医療経済・病院

記事を読む

心配しないでいいですよ放射線治療

一般向けの放射線治療の書籍です。2006年と少し昔の本です。 内容としては放射線治療について様々な

記事を読む

画像診断を考える 第2版

一流の放射線診断医が何を考え、どうやって学んでいるかが書かれている書籍です。 放射線腫瘍を専門とし

記事を読む

カテゴリー

アーカイブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー

アーカイブ

画像診断を考える 第2版

一流の放射線診断医が何を考え、どうやって学んでいるかが書かれている書籍

癌治療と漢方薬のテレビ番組(12月8日)

明日、12月8日のお昼ですが、NHKで、がん治療における漢方についての

重粒子線治療が今日のテレビで特集

今日12月6日の23時から、群馬大学の重粒子線治療の特集がテレビで放送

no image
最新の放射線治療の教科書

JASTRO総会が始まりましたね。 本屋さんで見かけた新刊を紹介させ

がん放射線治療計画ハンドブックの予約開始

治療計画の教科書の翻訳本がJASTRO総会にあわせて出版されます。

→もっと見る

  • face 放射線治療に関わる専門家のかたへ。
    放射線治療医が最新の情報をお伝えします。
PAGE TOP ↑