子宮頸癌治療ガイドライン 2011年版

公開日: : 書籍

2011年11月に出版されたガイドラインです。 放射線科の先生も戸板先生や、古平先生が、宇野先生などがかかわられています。

気になるのはIb・II期です。日本では手術が多いですが、海外では放射線治療が多く、成績にはあきらかな差はないと言われている領域です。
今回のガイドラインでは「広汎子宮全摘手術あるいは根治的放射線治療が推奨される」と並列の書き方になっています。良い方向性になっていますね。

ちなみに、患者さん・ご家族たためのガイドラインの解説(2010年)では、「第一選択が手術」となっています。

こちらも将来的に、「第一選択は手術もしくは放射線治療」となると良いですね。

カテゴリー

アーカイブ

関連記事

放射線医療―CT診断から緩和ケアまで

書籍の紹介です。2009年に出版された一般向けの新書です。 1冊まるごと放射線科の紹介です。内容は

記事を読む

がん放射線治療計画ハンドブックの予約開始

治療計画の教科書の翻訳本がJASTRO総会にあわせて出版されます。 原著は「Handbook of

記事を読む

これから論文を書く若者のために

書籍の紹介です。 すごくわかりやすく論文を書くためのアドバイスが書かれている書籍です。論文を書くため

記事を読む

がん治療の常識・非常識

書籍の紹介です。抗癌剤、手術、放射線治療、免疫療法、検診、緩和ケアなどについて、最新の知見を紹介する

記事を読む

がん医療の現在 20―第25回がんについての市民公開講演会記録

書籍の紹介です。2009年7月に発行された、国立がんセンター中央病院放射線治療部長 伊丹純先生が書か

記事を読む

医師のためのパフォーマンス学入門

診察のテクニックの本です。 内容は声の高さや早さや、目線の使い方など詳しく載っています。 ま

記事を読む

東大のがん治療医が癌になって

書籍の紹介です。 一般向けでもあり、医師向けでもあるかなと思います。 実際に若年で癌になった時の心情

記事を読む

臨床放射線 2011年8月号

本来は画像診断医向けの本ですが、今回は放射線治療特集となっています。 今回の特集は、「高精度治療およ

記事を読む

食道癌 診断・治療ガイドラインが改訂されました

2012年4月に発行された食道癌の最新のガイドラインです。 ひと通り読んでみましたが、最近の放射線

記事を読む

TNM悪性腫瘍の分類が修正されました。

UICCのTNM悪性腫瘍の分類の日本語訳第7版に誤りがあったため、第5刷で、多数の修正がされました。

記事を読む

カテゴリー

アーカイブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー

アーカイブ

画像診断を考える 第2版

一流の放射線診断医が何を考え、どうやって学んでいるかが書かれている書籍

癌治療と漢方薬のテレビ番組(12月8日)

明日、12月8日のお昼ですが、NHKで、がん治療における漢方についての

重粒子線治療が今日のテレビで特集

今日12月6日の23時から、群馬大学の重粒子線治療の特集がテレビで放送

no image
最新の放射線治療の教科書

JASTRO総会が始まりましたね。 本屋さんで見かけた新刊を紹介させ

がん放射線治療計画ハンドブックの予約開始

治療計画の教科書の翻訳本がJASTRO総会にあわせて出版されます。

→もっと見る

  • face 放射線治療に関わる専門家のかたへ。
    放射線治療医が最新の情報をお伝えします。
PAGE TOP ↑