病院と患者のための放射線治療

公開日: : 書籍

2012年1月5日に出版された書籍の紹介です。
対象としては、放射線治療に興味がある病院関係者やビジネスパーソン向けかなと思います。ただ、医療専門職の方が読まれてもとても面白い本だと思います。

放射線治療にまつわる社会背景や機器、経営などの最新の情報が書かれています。
例えば、統計の数字は2011年秋時点の値が多いですし、機器はVelocityやTruebeamの話もあります。病院紹介も指宿の粒子線治療施設多根病院のNovalisTxなど掲載されており本当に最新の情報がたくさんのっています。

ちなみにこの本は、「がんは放射線治療で治す」(2007年)という書籍の改訂版です。
前の書籍と同じく、今回も全ページオールカラーで読みやすくとても気に入りました。
オススメです。

SB018

病院と患者のための放射線治療

カテゴリー

アーカイブ

関連記事

食道癌 診断・治療ガイドラインが改訂されました

2012年4月に発行された食道癌の最新のガイドラインです。 ひと通り読んでみましたが、最近の放射線

記事を読む

月刊インナービジョン2011年8月号に載りました。

私事ですが、7月25日発行のインナービジョンに記事を掲載していただきました。 内容は、iPhoneア

記事を読む

no image

「もしも、がんが再発したら」の書評

2012年3月に出版された、患者さん向けの書籍ですが、とても良い本です。 再発って、ものすごく衝撃

記事を読む

放射線医が語る被ばくと発がんの真実

一般向けの書籍で、中川恵一先生が書かれています。 読む価値のあるいい本だと思いました。

記事を読む

画像診断コンパクトナビ 第3版

2011年3月に改定された書籍の紹介です。 放射線治療および画像診断の医学生教育を少しでも担当する医

記事を読む

悪魔の放射線Ⅱ

一般向けの書籍です。 放射線治療を用いた最新のがん治療についても50ページほど割いて、解説してありま

記事を読む

「これからの乳癌診療2012ー2013」は勉強になる本でした。

2012年6月に発行された医師向けの書籍である「これからの乳癌診療2012ー2013」を読みました。

記事を読む

画像診断を考える 第2版

一流の放射線診断医が何を考え、どうやって学んでいるかが書かれている書籍です。 放射線腫瘍を専門とし

記事を読む

放射線のひみつ

原発事故の放射線問題について、分かりやすく解説した本です。この前、東大に講演会に行ったときに中川先生

記事を読む

no image

映像情報メディカル2011年11月号

放射線治療最前線2011ということ特集が組まれています。 この雑誌自体初めて知ったのですが、東京医

記事を読む

カテゴリー

アーカイブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー

アーカイブ

画像診断を考える 第2版

一流の放射線診断医が何を考え、どうやって学んでいるかが書かれている書籍

癌治療と漢方薬のテレビ番組(12月8日)

明日、12月8日のお昼ですが、NHKで、がん治療における漢方についての

重粒子線治療が今日のテレビで特集

今日12月6日の23時から、群馬大学の重粒子線治療の特集がテレビで放送

no image
最新の放射線治療の教科書

JASTRO総会が始まりましたね。 本屋さんで見かけた新刊を紹介させ

がん放射線治療計画ハンドブックの予約開始

治療計画の教科書の翻訳本がJASTRO総会にあわせて出版されます。

→もっと見る

  • face 放射線治療に関わる専門家のかたへ。
    放射線治療医が最新の情報をお伝えします。
PAGE TOP ↑