小児白血病・リンパ腫の診療ガイドライン 2011年版

公開日: : 書籍

2011年11月30日に発刊されたガイドラインです。

放射線治療についての項目は、「ホジキンリンパ腫には多剤併用化学療法と15~25Gyの低線量IF放射線治療を施行する」という事のみです。
それ以外の記述は全身化学療法をすべき疾患に放射線治療などの局所治療を先行して治療の遅れが出ることは望ましくない程度です。

小児科・血液内科がある病院に勤務するのであれば持っておいて損はないと思います。

カテゴリー

アーカイブ

関連記事

がん治療を受ける前に知っておきたい55のこと

一般向けの書籍で、国立がんセンター中央病院の病院長の土屋先生(外科医)が書かれた書籍です 病院選びか

記事を読む

がん医療の現在 20―第25回がんについての市民公開講演会記録

書籍の紹介です。2009年7月に発行された、国立がんセンター中央病院放射線治療部長 伊丹純先生が書か

記事を読む

Rad Fan 2011年11月号

「放射線治療の現在と未来」という特集が組まれています。 序文に「わたしならこれなどととらぬ狸の皮算用

記事を読む

小児がん診療ガイドライン 2011年版

小児の悪性腫瘍についてのガイドラインが2011年の10月に出版されました。この本は職場に1冊は置いて

記事を読む

放射線医療―CT診断から緩和ケアまで

書籍の紹介です。2009年に出版された一般向けの新書です。 1冊まるごと放射線科の紹介です。内容は

記事を読む

医療現場iPad実践ガイド

12月1日出版の医療現場向けのipad活用についての書籍です。最後の方に私が作ったアプリ「BED計算

記事を読む

乳癌診療ガイドライン 2011年 治療編

2011年度版の放射線治療のガイドラインが9月に出版されていました。 今年からは外科・薬物・放射線

記事を読む

がん・放射線療法2010

書籍の紹介です。放射線治療医を目指すなら必ず買うべき教科書です。 約8年ぶりに改訂されました。 &n

記事を読む

no image

最新の放射線治療の教科書

JASTRO総会が始まりましたね。 本屋さんで見かけた新刊を紹介させていただきます。 教育

記事を読む

心配しないでいいですよ放射線治療

一般向けの放射線治療の書籍です。2006年と少し昔の本です。 内容としては放射線治療について様々な

記事を読む

カテゴリー

アーカイブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー

アーカイブ

画像診断を考える 第2版

一流の放射線診断医が何を考え、どうやって学んでいるかが書かれている書籍

癌治療と漢方薬のテレビ番組(12月8日)

明日、12月8日のお昼ですが、NHKで、がん治療における漢方についての

重粒子線治療が今日のテレビで特集

今日12月6日の23時から、群馬大学の重粒子線治療の特集がテレビで放送

no image
最新の放射線治療の教科書

JASTRO総会が始まりましたね。 本屋さんで見かけた新刊を紹介させ

がん放射線治療計画ハンドブックの予約開始

治療計画の教科書の翻訳本がJASTRO総会にあわせて出版されます。

→もっと見る

  • face 放射線治療に関わる専門家のかたへ。
    放射線治療医が最新の情報をお伝えします。
PAGE TOP ↑