Textbook of Radiosurgery 放射線外科治療の進歩

公開日: : 書籍

2012年1月に出版されたおすすめの本です。
脳定位放射線治療の教科書で、主に脳外科の医師が執筆されています。

機器としてはガンマナイフ、サイバーナイフ、トモセラピー、陽子線、重粒子線が取り上げられ、各論では様々な脳腫瘍をはじめ、頭頸部腫瘍や脊髄腫瘍、肺、肝臓について書かれています。

通常の放射線治療と放射線外科学は常識がかなり異なるように思います。
副作用と照射される体積が関係していたり、腫瘍に対するマージンをほとんど付けないなど。
放射線治療医としては一度は学んでおくべき知識かなと思います。

この本はとても分かりやすく放射線外科を学ぶにはいい本だと思いました。

カテゴリー

アーカイブ

関連記事

画像診断コンパクトナビ 第3版

2011年3月に改定された書籍の紹介です。 放射線治療および画像診断の医学生教育を少しでも担当する医

記事を読む

小児がん診療ガイドライン 2011年版

小児の悪性腫瘍についてのガイドラインが2011年の10月に出版されました。この本は職場に1冊は置いて

記事を読む

家庭画報 2011年3月号

一般雑誌で前立腺がんの放射線治療が取り上げられていました。 家庭画報の2011年3月号で5ページに

記事を読む

臨床放射線 2011年10月号

放射線科医向けの雑誌の紹介です。今月の臨床放射線は、「機能画像の放射線治療への応用」でした。 201

記事を読む

がん放射線治療と看護の実践

新刊の書籍の紹介です。 「がん放射線治療と看護の実践: 部位別でわかりやすい! 最新治療と有害事象

記事を読む

早期食道癌そのコンセンサスと最前線の書評

2012年1月に出版された医師向けの教科書です。 放射線治療の分野については、西村恭昌先生が書

記事を読む

画像診断2011年12月

神経膠腫の特集がされています。 画像診断の話が主ですが、放射線治療や病理、ウイルス療法についても書

記事を読む

放射線腫瘍医になろう

書籍の紹介です。2007年に発行された研修医や学生向けの書籍です。放射線治療に関わる様々な方が文章を

記事を読む

ラジオロジー No.18

日本ラジオロジー協会が患者様向けに作っている数ページの広報誌です。 今回は乳癌の放射線治療で、東

記事を読む

放射線医療―CT診断から緩和ケアまで

書籍の紹介です。2009年に出版された一般向けの新書です。 1冊まるごと放射線科の紹介です。内容は

記事を読む

カテゴリー

アーカイブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー

アーカイブ

画像診断を考える 第2版

一流の放射線診断医が何を考え、どうやって学んでいるかが書かれている書籍

癌治療と漢方薬のテレビ番組(12月8日)

明日、12月8日のお昼ですが、NHKで、がん治療における漢方についての

重粒子線治療が今日のテレビで特集

今日12月6日の23時から、群馬大学の重粒子線治療の特集がテレビで放送

no image
最新の放射線治療の教科書

JASTRO総会が始まりましたね。 本屋さんで見かけた新刊を紹介させ

がん放射線治療計画ハンドブックの予約開始

治療計画の教科書の翻訳本がJASTRO総会にあわせて出版されます。

→もっと見る

  • face 放射線治療に関わる専門家のかたへ。
    放射線治療医が最新の情報をお伝えします。
PAGE TOP ↑