乳癌レビュー 2012の書評

公開日: : 書籍

2011年12月に出版された医師向けの書籍です。以前に出版された乳癌レビュー2009のアップデート版になります。

放射線治療については、6ページでコンパクトにまとめられています。

放射線治療については根拠となる論文が最新でも2008年でした。2012となっていたので、もう少し新しいの情報が書いてあるかなと期待していたので少し残念でした。

分かりやすくまとまっていますので、一読の価値はあると思います。

カテゴリー

アーカイブ

関連記事

「放射線医学 放射線腫瘍学」の書評

2012年4月に発行された、放射線治療医向けの教科書です。 放射線治療を始めたばかりの先生にオス

記事を読む

医療現場iPad実践ガイド

12月1日出版の医療現場向けのipad活用についての書籍です。最後の方に私が作ったアプリ「BED計算

記事を読む

Graphpad Prism5による生物統計学入門

先日紹介したGraphPad Prism5の解説本です 解説はPrism5英語版を元に書かれています

記事を読む

こんな放射線科はもういらない

2009年2月に出版された本です。放射線科医が書かれた書籍ですが、読者として、放射線科医を対象にして

記事を読む

がん放射線治療計画ハンドブックの予約開始

治療計画の教科書の翻訳本がJASTRO総会にあわせて出版されます。 原著は「Handbook of

記事を読む

「放射線医学イントロダクション」の書評

2012年2月に発行された放射線科の入門書です。医学生・若手医師向けということで、購入して放射線治療

記事を読む

待ち時間革命

病院の外来待ち時間の問題をいかに解決するかの本です。 ただ単純に待ち時間をゼロにすると、不人気病院

記事を読む

腎癌診療ガイドライン 2011年版

2011年11月に出版された「腎癌診療ガイドライン」の紹介です。 腎癌は放射線抵抗性の腫瘍で、

記事を読む

臨床放射線 2011年10月号

放射線科医向けの雑誌の紹介です。今月の臨床放射線は、「機能画像の放射線治療への応用」でした。 201

記事を読む

画像診断2011年12月

神経膠腫の特集がされています。 画像診断の話が主ですが、放射線治療や病理、ウイルス療法についても書

記事を読む

カテゴリー

アーカイブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー

アーカイブ

画像診断を考える 第2版

一流の放射線診断医が何を考え、どうやって学んでいるかが書かれている書籍

癌治療と漢方薬のテレビ番組(12月8日)

明日、12月8日のお昼ですが、NHKで、がん治療における漢方についての

重粒子線治療が今日のテレビで特集

今日12月6日の23時から、群馬大学の重粒子線治療の特集がテレビで放送

no image
最新の放射線治療の教科書

JASTRO総会が始まりましたね。 本屋さんで見かけた新刊を紹介させ

がん放射線治療計画ハンドブックの予約開始

治療計画の教科書の翻訳本がJASTRO総会にあわせて出版されます。

→もっと見る

  • face 放射線治療に関わる専門家のかたへ。
    放射線治療医が最新の情報をお伝えします。
PAGE TOP ↑