腎癌診療ガイドライン 2011年版

公開日: : 最終更新日:2012/02/06 書籍

2011年11月に出版された「腎癌診療ガイドライン」の紹介です。

腎癌は放射線抵抗性の腫瘍で、このガイドラインでも放射線治療の扱いはわずかです。
脳転移での定位照射(グレードB)、遠隔転移での姑息的放射線治療(外照射)(グレードB)の2つだけでした。

線量については30Gy/10frが基本として書かれていましたが、40~50Gy/20~25Gyだと比較的良好な除痛効果が出ていることも記載されていました。

個人的に思うのは、少し線量を増やした33Gy/11frや36Gy/12frの姑息照射ってどうなのでしょう。単に骨折などの合併症リスクが上げるだけなのか、除痛効果がより期待できるのかどうなのでしょう。

カテゴリー

アーカイブ

関連記事

東大のがん治療医が癌になって

書籍の紹介です。 一般向けでもあり、医師向けでもあるかなと思います。 実際に若年で癌になった時の心情

記事を読む

no image

がん治療レクチャー 新しい手術のモダリティ

私の好きな書籍のがん治療レクチャーの最新号です。 Q&A方式で様々な治療の最新トピックが学べ

記事を読む

抗がん剤・放射線治療を乗り切り、元気いっぱいにする食事116の書評

一般向けの2012年5月に発行の、オススメの書籍の紹介です。 抗がん剤・放射線治療中の食事メニュー

記事を読む

病院と患者のための放射線治療

2012年1月5日に出版された書籍の紹介です。 対象としては、放射線治療に興味がある病院関係者や

記事を読む

誰も教えてくれなかった癌臨床試験の正しい解釈

2011年10月に出版された書籍で、臨床試験の結果の理解が深まる、非常におすすめの書籍です。筆者は臨

記事を読む

小児がん診療ガイドライン 2011年版

小児の悪性腫瘍についてのガイドラインが2011年の10月に出版されました。この本は職場に1冊は置いて

記事を読む

放射線治療の最前線

書籍の紹介です。2011年3月発行の久留米大学放射線科教授 早渕先生が執筆された本です。 対象とし

記事を読む

新医療 2011年12月号

「放射線治療は病院になにを与えるか」ということで、病院の経営から見た最新の放射線治療機器のお話が載っ

記事を読む

「放射線医学イントロダクション」の書評

2012年2月に発行された放射線科の入門書です。医学生・若手医師向けということで、購入して放射線治療

記事を読む

家庭画報 2011年3月号

一般雑誌で前立腺がんの放射線治療が取り上げられていました。 家庭画報の2011年3月号で5ページに

記事を読む

カテゴリー

アーカイブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー

アーカイブ

画像診断を考える 第2版

一流の放射線診断医が何を考え、どうやって学んでいるかが書かれている書籍

癌治療と漢方薬のテレビ番組(12月8日)

明日、12月8日のお昼ですが、NHKで、がん治療における漢方についての

重粒子線治療が今日のテレビで特集

今日12月6日の23時から、群馬大学の重粒子線治療の特集がテレビで放送

no image
最新の放射線治療の教科書

JASTRO総会が始まりましたね。 本屋さんで見かけた新刊を紹介させ

がん放射線治療計画ハンドブックの予約開始

治療計画の教科書の翻訳本がJASTRO総会にあわせて出版されます。

→もっと見る

  • face 放射線治療に関わる専門家のかたへ。
    放射線治療医が最新の情報をお伝えします。
PAGE TOP ↑