がん対策マニュアル

公開日: : 最終更新日:2012/03/30 書籍

2012年3月に放射線治療医の医師が出版された一般書で、かなり気に入りました。

書籍のタイトルからは、最新のがん治療の話かと思いましたが、予防や早期発見の話がメインで、良い意味で裏切られました。

書籍の中で述べられていますが、「早期発見に勝る治療はない」というのは、まさにそのとおりだと思います。

治療については御専門の放射線治療の話と、代替補完療法に対する啓蒙的な内容が書かれていました。抗癌剤や手術に関しては殆ど書かれていませんが、無理に専門外の事を書かないという割り切りがすごく良いなと思いました。

筆者の患者への思いがすごく伝わってきて、ちょっと感動しました。
オススメです。

カテゴリー

アーカイブ

関連記事

「これからの乳癌診療2012ー2013」は勉強になる本でした。

2012年6月に発行された医師向けの書籍である「これからの乳癌診療2012ー2013」を読みました。

記事を読む

Textbook of Radiosurgery 放射線外科治療の進歩

2012年1月に出版されたおすすめの本です。 脳定位放射線治療の教科書で、主に脳外科の医師が執筆さ

記事を読む

画像診断コンパクトナビ 第3版

2011年3月に改定された書籍の紹介です。 放射線治療および画像診断の医学生教育を少しでも担当する医

記事を読む

CT Anatomy for Radiotherapy

放射線治療医向けの英語の教科書です。 放射線治療のための解剖が詳細に載っています。臓器や構造が詳し

記事を読む

臨床放射線 2011年10月号

放射線科医向けの雑誌の紹介です。今月の臨床放射線は、「機能画像の放射線治療への応用」でした。 201

記事を読む

放射線心身症?

タイトルが気になって買ってみましたが、お勧めできない本でした。 放射線を怖がりすぎるなというので始ま

記事を読む

ICRU Report 83

2010年に出版されたIMRTのための書類です。 「Prescribing, Recording,

記事を読む

がん看護セレクション がん放射線治療

2012年10月1日に発行された看護師向けの書籍です。放射線治療の基礎から非常に詳しく書かれており、

記事を読む

論理的にプレゼンする技術

理系研究者がわかりやすくプレゼンするための本です。見開きの左ページが文章で説明、右ページがイラストと

記事を読む

これから論文を書く若者のために

書籍の紹介です。 すごくわかりやすく論文を書くためのアドバイスが書かれている書籍です。論文を書くため

記事を読む

カテゴリー

アーカイブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー

アーカイブ

画像診断を考える 第2版

一流の放射線診断医が何を考え、どうやって学んでいるかが書かれている書籍

癌治療と漢方薬のテレビ番組(12月8日)

明日、12月8日のお昼ですが、NHKで、がん治療における漢方についての

重粒子線治療が今日のテレビで特集

今日12月6日の23時から、群馬大学の重粒子線治療の特集がテレビで放送

no image
最新の放射線治療の教科書

JASTRO総会が始まりましたね。 本屋さんで見かけた新刊を紹介させ

がん放射線治療計画ハンドブックの予約開始

治療計画の教科書の翻訳本がJASTRO総会にあわせて出版されます。

→もっと見る

  • face 放射線治療に関わる専門家のかたへ。
    放射線治療医が最新の情報をお伝えします。
PAGE TOP ↑