「もしも、がんが再発したら」の書評

公開日: : 書籍

2012年3月に出版された、患者さん向けの書籍ですが、とても良い本です。

再発って、ものすごく衝撃的な事です。本人、家族にとってその後の治療・生活をどうしていくかって難しい問題です。
この書籍では非常に分かりやすく丁寧に再発後の生活・治療について説明がされています。患者さんの体験談も載せられていて、読みやすい本です。
書籍の文字のレイアウト、フォント、色づかいなどもとてもうまくて気に入りました。

pdfで無料でダウンロードできますが、できれば書籍で持っておいても良いんじゃないかなと思います。

もしも、がんが再発したら [患者必携]本人と家族に伝えたいこと(PDF版):[がん情報サービス]
http://ganjoho.jp/public/qa_links/hikkei/saihatsu.html

カテゴリー

アーカイブ

関連記事

no image

代表的照射野とCT上のターゲット

放射線治療医向けの書籍の紹介です。 がん・放射線療法2010の別冊の「代表的照射野とCT上のターゲッ

記事を読む

臨床放射線 2011年10月号

放射線科医向けの雑誌の紹介です。今月の臨床放射線は、「機能画像の放射線治療への応用」でした。 201

記事を読む

no image

放射線治療ガイドライン2008

放射線治療医向けの参考書です。 持っていない治療医はまずいないと思います。放射線治療医の教科書を1冊

記事を読む

RadFan2011年4月臨時増刊号

雑誌の紹介です。Rad Fan2011年4月増刊号です。 放射線治療Up to Date2011とし

記事を読む

抗がん剤・放射線治療を乗り切り、元気いっぱいにする食事116の書評

一般向けの2012年5月に発行の、オススメの書籍の紹介です。 抗がん剤・放射線治療中の食事メニュー

記事を読む

モノの最新テクノロジーがわかる本

10代向けの、工業製品に使われている技術を紹介する本と思いました。 医学以外の製品の紹介は面白く読

記事を読む

がん医療の現在 20―第25回がんについての市民公開講演会記録

書籍の紹介です。2009年7月に発行された、国立がんセンター中央病院放射線治療部長 伊丹純先生が書か

記事を読む

「がん漢方」で漢方薬のお勉強をしました。

2012年8月に出版された「がん漢方」を読みました。医師向けに書かれた癌治療と漢方薬についての書籍で

記事を読む

小児がん診療ガイドライン 2011年版

小児の悪性腫瘍についてのガイドラインが2011年の10月に出版されました。この本は職場に1冊は置いて

記事を読む

本物の医師になれる人、なれない人

崇高な医師になろうと頑張っている高校生が読めば面白いかもしれませんが、医師向けではない本でした。am

記事を読む

カテゴリー

アーカイブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー

アーカイブ

画像診断を考える 第2版

一流の放射線診断医が何を考え、どうやって学んでいるかが書かれている書籍

癌治療と漢方薬のテレビ番組(12月8日)

明日、12月8日のお昼ですが、NHKで、がん治療における漢方についての

重粒子線治療が今日のテレビで特集

今日12月6日の23時から、群馬大学の重粒子線治療の特集がテレビで放送

no image
最新の放射線治療の教科書

JASTRO総会が始まりましたね。 本屋さんで見かけた新刊を紹介させ

がん放射線治療計画ハンドブックの予約開始

治療計画の教科書の翻訳本がJASTRO総会にあわせて出版されます。

→もっと見る

  • face 放射線治療に関わる専門家のかたへ。
    放射線治療医が最新の情報をお伝えします。
PAGE TOP ↑