皮膚パッチでの小線源治療がインドから発表されています

公開日: : News

皮膚の基底細胞がんの治療で、パッチでの小線源治療がニュースになっていました。

放射性リン(P32)を使ったパッチを1週間間隔で2回、3時間貼ることで治療を行うようです。
6ヶ月後に10人中2人に再発とのことですので、まだ手法に改良が必要でしょうね。

うまく行けば、ケロイドなどにも応用可能なんじゃないかなと思います。

New Patch Makes Certain Skin Cancers Disappear | Singularity Hub
http://singularityhub.com/2012/06/19/new-patch-makes-certain-skin-cancers-disappear/

カテゴリー

アーカイブ

関連記事

no image

乳房温存術後の小線源治療は全照射よりも転帰不良の論文

JAMAに掲載された論文で、乳房温存後の小線源治療は、通常の乳房照射より予後不良という論文が出ていま

記事を読む

サガハイマット

佐賀に建設中の重粒子線治療施設です。2013年春に開設の予定のようです。 佐賀といっても博多から新

記事を読む

no image

JASTROの認定施設規定案が出ています

認定施設の既定の案が出ています。 皆さんはどう思われたでしょうか。 私がまず思ったのが、200

記事を読む

福島県にBNCT施設建設予定

福島県の郡山に原子炉型のBNCTが建設予定なんですね。最近の補正予算に組み込まれていたようです。 b

記事を読む

アキュセラの高精度X線治療機器

アキュセラの試作リニアックができたようですね。 ロボット型のリニアックですが、似た形のcyber

記事を読む

no image

粒子線治療が保険導入に向けて前進?

厚生労働省の中央社会保険医療協議会で費用対効果評価専門部会というのが、6月から始まるそうです。 こ

記事を読む

no image

TrueBeamとPreScision Artisteがインドに。

Varianの最新リニアックのTrueBeamと、SiemensのPreScision Artist

記事を読む

no image

外来放射線照射診療料に関する疑義については必見です。

外来放射線照射診療料については細かい点で様々な疑問があります。休日の場合どうするのか、診察日がずれた

記事を読む

no image

DCISの術後放射線治療

5cm未満の乳癌DCISの術後放射線治療についてのニュースです。 ヨーロッパで、1986年から96

記事を読む

患者さんのための乳がん診療ガイドライン

2012年6月に発行された書籍です。乳がん診療ガイドラインを患者さん向けにわかりやすく編集しなおし、

記事を読む

カテゴリー

アーカイブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー

アーカイブ

画像診断を考える 第2版

一流の放射線診断医が何を考え、どうやって学んでいるかが書かれている書籍

癌治療と漢方薬のテレビ番組(12月8日)

明日、12月8日のお昼ですが、NHKで、がん治療における漢方についての

重粒子線治療が今日のテレビで特集

今日12月6日の23時から、群馬大学の重粒子線治療の特集がテレビで放送

no image
最新の放射線治療の教科書

JASTRO総会が始まりましたね。 本屋さんで見かけた新刊を紹介させ

がん放射線治療計画ハンドブックの予約開始

治療計画の教科書の翻訳本がJASTRO総会にあわせて出版されます。

→もっと見る

  • face 放射線治療に関わる専門家のかたへ。
    放射線治療医が最新の情報をお伝えします。
PAGE TOP ↑