骨転移の治療薬ランマークのお話

公開日: : News

ランマークのわかりやすいサイトを見つけましたので紹介です。

今年の4月から骨転移の治療薬として、ランマーク(デノスマブ)が使えるようになったことに伴い、ゾメタではなくてランマークを使われている症例をよくみます。

何が違うのかよくわかっていなかったのですが、まとまったページがありました。
乳癌と前立腺がんでは、骨関連合併症が起こる頻度で、ランマークの優位性が示されているようです。
認可すぐなのにランマークの使用が多いのはこういう訳があったんですね。

ただ、重篤な低カルシウム血症のリスクがあるようですので、作用機序や副作用についてはきっちり勉強しておく必要がありそうです。

癌骨転移による骨病変治療薬 デノスマブ(遺伝子組換え) |(1)
http://medical.radionikkei.jp/suzuken/final/120426html/index.html
http://medical.radionikkei.jp/suzuken/final/120426html/index2.html
http://medical.radionikkei.jp/suzuken/final/120426html/index3.html

ランマークによる重篤な低カルシウム血症について
http://www.info.pmda.go.jp/iyaku_info/file/kigyo_oshirase_201205_2.pdf

カテゴリー

アーカイブ

関連記事

no image

医学物理士制度が改正されました

2012年5月6日付で医学物理士認定制度規程および施行細則が改正されました。 大きく変わったのが

記事を読む

肺癌放射線治療用の金マーカーが発売

オリンパスから肺癌の放射線治療用の金マーカー「ディスポーザブルゴールドマーカー」が発売されました。今

記事を読む

粒子線治療技術の世界展開編

サイエンスニュースという一般向けニュースです。 5分で粒子線治療について紹介されていました。

記事を読む

no image

医学物理士が職業分類の一つに

2011年上旬の話ですが、国際労働機構(ILO)で、medical Physicistが職業分類の一

記事を読む

Radfan 2010年11月号

書籍の紹介です。技師・医師・物理士向けの雑誌です。技術的なことが中心の雑誌なので楽しく読めました。

記事を読む

no image

ITEM JRC2012のiphoneアプリ

もう2週間ちょっとで春の総会ですが、ITEMの案内のiPhone,iPad,Androidアプリが出

記事を読む

no image

チーム中川ニコニコ動画に出演

ニコニコ生放送に東大の中川先生、芳賀さんなどが出ていました。 放射能の権威 チーム中川登場!本

記事を読む

no image

前立腺癌IMRTの講演が動画配信されています

溝脇先生の前立腺癌の講演会の動画がネットで配信されています。 平成24年1月27日に行われた30回

記事を読む

no image

粒子線治療が保険導入に向けて前進?

厚生労働省の中央社会保険医療協議会で費用対効果評価専門部会というのが、6月から始まるそうです。 こ

記事を読む

低リスクの前立腺癌の治療

米国国立衛生研究所(NIH)が召集した第三者小委員会で、Low Riskの前立腺癌は経過観察がいいの

記事を読む

カテゴリー

アーカイブ

Comment

  1. Nonno より:

    お尋ねします。

    先日PET. CTを受けました。

    転移を見つけるための検査でしたが 術後にでた骨転移に集積をみませんでした。これは どう言うことが考えられるのでしょうか?

    原発乳ガン リンパ 血管通過強です。

    よろしくおねがいします。

  2. 堤 真一 より:

    主治医に聞かれるか、askdoctorsのようなQ&Aサイトで聞かれてみてはいかがでしょうか。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー

アーカイブ

画像診断を考える 第2版

一流の放射線診断医が何を考え、どうやって学んでいるかが書かれている書籍

癌治療と漢方薬のテレビ番組(12月8日)

明日、12月8日のお昼ですが、NHKで、がん治療における漢方についての

重粒子線治療が今日のテレビで特集

今日12月6日の23時から、群馬大学の重粒子線治療の特集がテレビで放送

no image
最新の放射線治療の教科書

JASTRO総会が始まりましたね。 本屋さんで見かけた新刊を紹介させ

がん放射線治療計画ハンドブックの予約開始

治療計画の教科書の翻訳本がJASTRO総会にあわせて出版されます。

→もっと見る

  • face 放射線治療に関わる専門家のかたへ。
    放射線治療医が最新の情報をお伝えします。
PAGE TOP ↑