「がんサバイバー」は晩期副作用の勉強に良い本でした。

公開日: : 書籍

「がんサバイバー: 医学・心理・社会的アプローチでがん治療を結いなおす」という2012年6月に出版された書籍を読みました。アメリカの作者の翻訳本です。

癌になった後の生存者にとっての様々な問題を取り上げた書籍です。
後半の癌による晩期障害が非常に勉強になりました。

例えば、ホジキンリンパ腫で広範囲のマントル照射を受けた方の晩期障害などは非常に詳しく書かれていますが、二次発がん、心毒性などのリスクが非常に高いことに驚きました。

放射線治療の進歩で晩期障害は少なくなっていると思いますが、逆に長期生存者が増えているため、晩期障害についての配慮はより大事になると思います。
とても勉強になる、良い本でした。

カテゴリー

アーカイブ

関連記事

放射線治療ポケットマニュアル2011

放射線治療医なら持っておくと何かと役立つ書籍です。 77ページ、薄さ4mmで、15×9cm

記事を読む

病院と患者のための放射線治療

2012年1月5日に出版された書籍の紹介です。 対象としては、放射線治療に興味がある病院関係者や

記事を読む

臨床放射線 2011年10月号

放射線科医向けの雑誌の紹介です。今月の臨床放射線は、「機能画像の放射線治療への応用」でした。 201

記事を読む

頭頸部画像診断に必要不可欠な臨床・画像解剖

診断の本の紹介です。タイトルの通り、頭頚部の解剖の解説本です。画像診断の増刊号です。 とりあえず買っ

記事を読む

前立腺癌診療ガイドラインが改定されました。

前立腺癌診療ガイドラインの2012年度版が出版されました。 内容としては、待機療法がPSA監視

記事を読む

no image

「もしも、がんが再発したら」の書評

2012年3月に出版された、患者さん向けの書籍ですが、とても良い本です。 再発って、ものすごく衝撃

記事を読む

がん治療認定医 試験対策2

試験対策本についてです。 「がん治療認定医サマリー&予想問題 第3版」という参考書が出版され

記事を読む

前立腺癌診療こんなときどうするQ&A

2010年4月に出版された前立腺癌に関わる医師向けの教科書です。 前立腺癌の診療にまつわる具体的な

記事を読む

がん放射線治療と看護の実践

新刊の書籍の紹介です。 「がん放射線治療と看護の実践: 部位別でわかりやすい! 最新治療と有害事象

記事を読む

no image

「もっと知ってほしい 大切な人ががんになったとき」の小冊子

「がんの治療について正しい知識を持つ」のコーナーで放射線治療についても詳しく書かれていますが、内容が

記事を読む

カテゴリー

アーカイブ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー

アーカイブ

画像診断を考える 第2版

一流の放射線診断医が何を考え、どうやって学んでいるかが書かれている書籍

癌治療と漢方薬のテレビ番組(12月8日)

明日、12月8日のお昼ですが、NHKで、がん治療における漢方についての

重粒子線治療が今日のテレビで特集

今日12月6日の23時から、群馬大学の重粒子線治療の特集がテレビで放送

no image
最新の放射線治療の教科書

JASTRO総会が始まりましたね。 本屋さんで見かけた新刊を紹介させ

がん放射線治療計画ハンドブックの予約開始

治療計画の教科書の翻訳本がJASTRO総会にあわせて出版されます。

→もっと見る

  • face 放射線治療に関わる専門家のかたへ。
    放射線治療医が最新の情報をお伝えします。
PAGE TOP ↑