「 書籍 」 一覧

「がんサバイバー」は晩期副作用の勉強に良い本でした。

2012/08/28 | 書籍

「がんサバイバー: 医学・心理・社会的アプローチでがん治療を結いなおす」という2012年6月に出版された書籍を読みました。アメリカの作者の翻訳本です。 癌になった後の生存者にとっての様々な問題を取り上

続きを見る

TNM悪性腫瘍の分類が修正されました。

2012/08/16 | 書籍

UICCのTNM悪性腫瘍の分類の日本語訳第7版に誤りがあったため、第5刷で、多数の修正がされました。 詳細な内容は金原出版のホームページに掲載されていますが、かなり多数の修正が行われています。前立腺が

続きを見る

「これからの乳癌診療2012ー2013」は勉強になる本でした。

2012/08/09 | 書籍

2012年6月に発行された医師向けの書籍である「これからの乳癌診療2012ー2013」を読みました。 今回はかなり新しい事がたくさん載っていて勉強になりました。 エコー検査で硬さを推定するエラストグラ

続きを見る

治療線量の第3者評価はとても大事なお話です。

2012/06/20 | 書籍

臨床放射線2012年6月号の紹介です。 今回の特集は、「放射線治療のさらなる質保証をめざして」ということで、品質管理について6人の先生方が書かれています。 特に治療線量標準や第3者評価について重

続きを見る

医師のためのパフォーマンス学入門

2012/06/05 | 書籍

診察のテクニックの本です。 内容は声の高さや早さや、目線の使い方など詳しく載っています。 また患者さんの心理状態や正確を見ぬくためのコツなど様々な内容が書かれていました。 薄い本ですが、

続きを見る

待ち時間革命

2012/06/04 | 書籍

病院の外来待ち時間の問題をいかに解決するかの本です。 ただ単純に待ち時間をゼロにすると、不人気病院と判断されて患者数が減ってしまうそうです。 問題は待ち時間の多少だけでなく、待っている時の患者のス

続きを見る

カテゴリー

アーカイブ

カテゴリー

アーカイブ

画像診断を考える 第2版

一流の放射線診断医が何を考え、どうやって学んでいるかが書かれている書籍

癌治療と漢方薬のテレビ番組(12月8日)

明日、12月8日のお昼ですが、NHKで、がん治療における漢方についての

重粒子線治療が今日のテレビで特集

今日12月6日の23時から、群馬大学の重粒子線治療の特集がテレビで放送

no image
最新の放射線治療の教科書

JASTRO総会が始まりましたね。 本屋さんで見かけた新刊を紹介させ

がん放射線治療計画ハンドブックの予約開始

治療計画の教科書の翻訳本がJASTRO総会にあわせて出版されます。

→もっと見る

  • face 放射線治療に関わる専門家のかたへ。
    放射線治療医が最新の情報をお伝えします。
PAGE TOP ↑