「 書籍 」 一覧

日経サイエンス2012年5月

2012/04/06 | 書籍

一般向けの雑誌ですが、早期前立腺癌の治療の是非について特集されています。 スクリーニング検査の是非と、早期については治療によるデメリットが無視できないことが紹介されています。 以前にこのblog

続きを見る

がん対策マニュアル

2012/03/30 | 書籍

2012年3月に放射線治療医の医師が出版された一般書で、かなり気に入りました。 書籍のタイトルからは、最新のがん治療の話かと思いましたが、予防や早期発見の話がメインで、良い意味で裏切られました。

続きを見る

「放射線医学イントロダクション」の書評

2012/03/28 | 書籍

2012年2月に発行された放射線科の入門書です。医学生・若手医師向けということで、購入して放射線治療の分野だけ読みました。 感想ですが、残念ながら古い内容が多くてあまり好きになれませんでした。

続きを見る

Rad Fan 2012年3月号

2012/03/26 | 書籍

今回の特集は、「放射線治療の実践ガイド」となっています。 Vero,CyberKnife,Truebeam,Synergy,Novalis Tx,Tomotherapy,粒子線と、RISについてのお

続きを見る

「もしも、がんが再発したら」の書評

2012/03/16 | 書籍

2012年3月に出版された、患者さん向けの書籍ですが、とても良い本です。 再発って、ものすごく衝撃的な事です。本人、家族にとってその後の治療・生活をどうしていくかって難しい問題です。 この書籍

続きを見る

早期食道癌そのコンセンサスと最前線の書評

2012/02/14 | 書籍

2012年1月に出版された医師向けの教科書です。 放射線治療の分野については、西村恭昌先生が書かれており、放射線治療全般のお話や早期食道がんのこれまでの治療成績などについて書かれています。 西

続きを見る

カテゴリー

アーカイブ

カテゴリー

アーカイブ

画像診断を考える 第2版

一流の放射線診断医が何を考え、どうやって学んでいるかが書かれている書籍

癌治療と漢方薬のテレビ番組(12月8日)

明日、12月8日のお昼ですが、NHKで、がん治療における漢方についての

重粒子線治療が今日のテレビで特集

今日12月6日の23時から、群馬大学の重粒子線治療の特集がテレビで放送

no image
最新の放射線治療の教科書

JASTRO総会が始まりましたね。 本屋さんで見かけた新刊を紹介させ

がん放射線治療計画ハンドブックの予約開始

治療計画の教科書の翻訳本がJASTRO総会にあわせて出版されます。

→もっと見る

  • face 放射線治療に関わる専門家のかたへ。
    放射線治療医が最新の情報をお伝えします。
PAGE TOP ↑